フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

今年の教訓/反面教師

「人の振り見て我が振り直せ」というように

反面教師ほど、すごい!教師はいない。

親が酷ければ、子供にとって、ためになる親を持ったということですよ。え~!

まあ、良い親がいいに決まってるのですが、こればっかりは子供は親を選んで生まれて来れませんからね。

子供の頃からこんな親には自分はならない!絶対真似しない!っと思っていたはずなのに、同じようになっていた。。。。ということはよくある話です。

これはですね。ただ嫌って避けて通っていただけ。だからなんですね。

親でなくても「ヤダ!この人嫌い!」って思う人と出会うことはざらですよね。

でもね。キライ~!って思って避けているだけじゃなくて、こういう出会いがあったら、この人はどうしてこうなったのかに焦点を当てて考えてみると、そこに教えがあることが見えてくるんですねぇ。(メンドクサッ!)

ところが考えていくと、自分がそのひとをそうしてしまった場合も、ときにはあるんだなぁ。これが。。。(メンドウ~くさい作業!)

そこまで考えて間違いを起こさない努力こそが、同じような嫌な人間にならないですむ、嫌な人生を歩まないですむ幸せの道しるべですかね。

すでに嫌な人生を歩んでいるひとはそこに気付けばいくらでもやり直しは可能ですよ~。しかも体験済みですから、怖いもの知らず!悲惨なことなんて体験したくてするようなものじゃないんだから、こうなりゃ!自分の自信に繋げましょうよ。(ヤケクソか!)

そのほうが絶対に得策。

嫌な人や、嫌なことから学ぶか学ばないかで、これからの人生、幸・不幸の分かれ道となるわけですからね。

あっ!今現在まで、特に何も無い人も備えあれば憂いなしですよ。

現在、離婚裁判中の娘の相手と家族も、娘にとっては、すばらしい反面教師となったわけです。娘のようにいくら言ってもわからない場合は良い見本で気付くことはないんですね。自らの体験、悪い見本こそが教えてくれるのです。内面に効く薬こそが反面教師なのです。

ということで、わたしの娘を良い心に変えてくれた相手と家族の皆さんに感謝しますよ。本当にありがとうございました。(コレ嫌味じゃないよ!)ちょっと、イヤな感じか?まあ、いいや。

デクノちゃん、ポンコちゃんも。そうそう、その兄弟ボンくん、クレくん(この名前にしたよ!かなりふざけてますが)も、たくさんの反面教師に囲まれているわけですから、考え方次第では幸せになれるってことですよ~!(ものは考えようにもっていってるね!)

デクノちゃんはママへの年賀状に

「デクノは塾の勉強頑張るよ!だから、ママもボンもクレも頑張れ!」だって。

あんまりがんばってる感じはないが。。。うん。いい子だ!

ということで、勝ってに言ってろ!って言われそうな締めで終わります。

今年も終わりですね。

ブログをはじめて約半年間経ちましたよ~。途中忙しくてやめようと思いましたが、やめなくてよかったですよ。いい出会いや元気になるコメントもたくさんありましたしね。

来年もまだまだ、子育て反面教師ブログで頑張りますので、(なんだか主旨がどんどん変わってきたが。。。)よろしくお願い致します。

ありがとうございました!みなさま~。よいお年をお迎え下さいませ~!

大切な言葉トーナメント参加していたのですが。。。

ヤッタ~!勝戦したよ!今年いいことあったね^^

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大切な言葉ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
大切な言葉ブログトーナメント←結果はこちら

2011年12月29日 (木)

10代の結婚/与える人に変わる日

子供は与えられて育ち、いつの日か与える人へと変わる。

与える人に変わったときに子供を生めば母性が目覚めるのだろう。

ところが10代で結婚したらどうだろう。

自分のことだけで一杯一杯な不安定な思春期に与える人になれる10代がどれだけいるのだろうか?

現実10代で結婚するとほとんどは離婚になるという。

離婚率から考えると24歳以上から確率は減るらしい。30代の離婚率は10代の5分の1にも減るんですって。

経験を積まないうちの結婚はよくよく考えてからのほうがいいでしょうが、人生そう上手くはいかんのですね。

娘は18歳で子供を産み、再婚が23歳。4人の母親。

まったく、頭が痛い。どんだけのスピードで人生走っているんだ。

昔はヤンママとか言ってたけど、今は美ママとかいうのかなぁ?

雑誌もよく見かけるが、わたしとしては頭がクラクラしてしまう。

「ちょっと~。こんな雑誌作らなくていいよ~!」すまんが。

理想と現実は違うわけで「う~ん」

うちの娘も昔ドハデメークで、デクノを連れまわしていたのが10代の結婚のとき。

ママ友たちはみ~んなそんな子。その中に25歳以上の子もいたなぁ。

まず、考え方、話し方がすべてアウト!ばあさんには理解不能!

そのママ達にダッコされた子供が。。。。トホホ。わたしは息が苦しくなりそう。。。

だがね。これはばあさんがいくら口で言ってもわからん話。

うちの娘がいい例だね。男の人を見る目もないしで、こころの隙間に入り込んでくる人はダメだよ~って言ってるのに。意味が分かってないからどうしようもないのさ。

まあ、結局再婚してこっぴどい目に遭ったわけだが。

自分が与える人になるまで待とうよ~!

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

只今、決勝戦参加中よ。観に来てね^^

大切な言葉ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
大切な言葉ブログトーナメント

2011年12月27日 (火)

愛情不足の子育て/お金に支配された心

自己愛 で育った娘の夫。

弁護士さんと会ったわたしは絶句しました。もう壊れていると。。。

a

娘の夫は実を言うと父親の財産をすべて自分のものにするために結婚当初から計画していたようです。父親の悪口三昧で父親を征服すると常に言っていたようです。

まさかですが、日本征服、世界征服まで夢ではないと思っているような発言を聞きました。

三十半ばにもなって父親を恨み続けた結果心はむしばまれていったのです。

幼少の頃の愛情不足と母親の甘やかしで育った娘の夫。

a

彼はお金には困ったことはないようです。それは両親がすべてお金で解決してくれていたからです。親に責任があるのは確かなのですが、またこの両親がこうなったのもそのまた両親なのかもしれません。これはキリがありません。

a

どんな環境に育っていても自己をコントロールする能力は人間にはあるはずです。そこには他の人との出会いで気付くこともあるでしょう。

しかし、彼の場合少々気付ける環境にはないようです。執行猶予中の今でさえ、一日中ネットゲームや風俗でお金を使う息子に大金を渡しているのですから。

しかも渡している理由が万引きでもしたら実刑になってしまうからだそうです。うそでしょ!それが理由。だったら実刑にしましょうよ。それが親というものでしょ。まったく息子に反省をする時さえも与えていないのですよ。

a

彼は自分の子供達にはどう接していたかというと、食事の時間になると子供達が邪魔でつまり、ゆっくり食べられないからという理由で違う階に住む母親に電話をして

「今、飯の時間だから連れて行ってくれ」と言うそうです。そう言われた母親はほいほいと迎えに来て連れて行ってしまうのです。

「もうご飯が終わったから迎えに行ってくる」と娘が言うと、

「もう面倒だから全部やってもらえって放置しろ」って言われていたそうです。

a

子供達は娘が面倒を見たくても夫の母親の過干渉もあり、子供とのふれあいさえも持たせてもらえなかったようです。

しかも、お菓子やおもちゃの箱買い。洋服も一日5回も6回も着替えさせ、まるで着せ替え人形のように扱い、夫の父親は夜遅くまで車で毎日のように遊びに連れて行き、寝かせる時間は深夜を過ぎてもまったくなんとも思っていない生活だったらしいのです。

子供達は外食で、たらふくいいものばかりを食べ、お昼も毎度夫の母親と喫茶店に。

a

そうです。娘の夫は子供の頃、この母親に育てられました。それも父親に憎しみを抱えながら。もう、壊れています。

この家族は気付かないのでしょうか。もう遅いってことはないと信じるわたしは、今家族全員で努力すべきときではないかと思うのですが。

この家族の中には気付くひとが居ない!これは娘ひとりの力ではムリでしょうね。

離婚は子供のためには好ましくないことですが、これは。。。。離れるべきでしょうね。

a

愛情不足の子育て。お金は使い方を間違えると魔物です。やさしく育てることと、甘やかして育てることはまったく違うことに気付いてほしいものです。今日の教訓でも書いたけどわたしの言いたい事はこれなのよ。

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

只今、準決勝戦参加中だよ。

大切な言葉ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
大切な言葉ブログトーナメント

2011年12月26日 (月)

ママの再婚/茨の道への階段12

裁判中の娘。調停離婚ですんでくれればよかったのですが、まだまだ困難が続きそう。

こんなこと初めてなのでわたしもよく解りません。ただ、最近相手の主張の文書というものが弁護士さんを通して送られてきたのですが。

その内容は、離婚をするのであれば親権は自分(夫)にするべきだです。

理由は、自分は今、虚脱状態だから働く意思がもてないが親が金持ちだから、子供達は親の養子にしてもらう。自分の親に面倒を看させる。自分の親もそれを望んでいる。妻側の家系は貧困だから子供は幸せにはならない。子供の将来を考えたら財産があるほうが幸せに決まっている。それと。。。妻の前の子供ふたりに、自分の子供でもない関係ない子供に妻が送金していた。それも自分から出したようなものだから相当面倒をみてやった。だからこれ以上何もする気はない。

実際の文書は、被告は原告はとかの難しい文書なのですが、簡単に言うとこういうことが書いてありました。

悲しい。惨い

とりあえず、わたしの感想は自分の子供でもない子供に妻が送金していた。の言葉。デクノちゃんとポンコちゃんのこと出さないでほしいわね。関係ない子供って酷いわ

だって、当時突然、娘はふたりを残し私の家に置き去りにして彼と同棲をしてしまうわけです。それが一年以上。そして再婚したのですが、その際に親として送金はすると約束したわけです。ところがですよ。何年かすると彼がサラ金から何百万もの借金をしたり、使い込みをしたためその借金を娘が肩代わりし、(彼はすでにカードが使えないひと)娘が返済していたために送金もできなくなったのですよ。結局、最近娘は自己破産したんだって

何が金持ちなのかさっぱりわからん状態なのですが。とにかくデクノポンコはママと離れ離れになっても辛抱して一生懸命頑張って暮らしているのよ。辛くても悲しくても、学校にもちゃんとお休みもしないで、塾にも通って、水泳頑張って。ママが幸せならって

それなのに夫ちゃん!虚脱状態だから働けないって。大人として恥ずかしくないの!ちょっとここぞ踏ん張れないのかなぁ。それとね。養育費は自分の親は関係ないから送れないって言っていたけど、親権取ってから自分の親に面倒看させるってどういうことなのかなぁ。

それと最後。わたしの家系が貧困って。う~え~ん。自慢じゃないけどね。ママから送金された分はきっちりふたりの貯金にしてるよ。一切手を付けてないんだから。こんな時が来る事を想定してわたしひとりでなんとかまかなえるように当てにしないのがわたし流なのよ。わたしが何十年母子家庭してると思ってんの~。逆境には人一倍強いのよ~。馬鹿にしちゃ~いけねぇよ。じゃなきゃ、もうすでにデクノもポンコも習い事なんてやめてるでしょう~

親権かぁ。どうなのかね。こんな考えのひとが親権とか言ってるのが怖い。自分の子供のことを心配している言葉が全く文書に出て来ないのも怖い

こりゃ~。まさしく病気かなぁ。今日はぶつぶつ言って終わります。・・・・・つづく。

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

只今、参加中だよ。

大切な言葉ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
大切な言葉ブログトーナメント

2011年12月24日 (土)

今日はクリスマスイブだね。

久し振りにデクノポンコ話題を。

本日はクリスマスイブですが、デクノ、ポンコはケーキを食べて早々と寝ました。毎度9時寝は当たり前なのですがポンコは8時寝です。

でもね、疑問ですがうちの子供達2年生と4年生だけど、サンタさん信じてないよね?信じてる振りしてるはずと思うが。なんとなく夢がなくなりそうなので聞かないけどね。演技としか思えない。

プレゼント忙しくて今日ぎりぎり購入してきたのだけど、ふたりが家に居るからちょっと外出するのも一緒に行くと言わないようにごまかして買ってきたよ~。毎年のことだけど、この日だけはなんだか素直にしているのだ。

早く寝ろ~!って言わなくても出来るんじゃん!だったらいつもそうしてくれや~!毎日毎日文句ばっかり言わせんなぁ~。

あ~。明日も早い!学校が休みになったというのにポンコは、毎度のことながら。。。朝練、夕練が始まったのでした眠い~!デクノちゃんは毎度のことながら。。。塾テスト。

わたしの周りはゴタゴタなんですが、ふたりはマイペースに頑張っとります。ママ離婚問題のこともふたりは知っておりますが、もうこんなことは、なれちゃったのかコミカルに話しております。

「いや~!まったくパパもママもダメ大人だね。第2のパパは腐ってるね」とか言っちゃって。それも本人に。笑える。

まあ、ふたりとも今のところ自分の夢に突き進んでいるので考えてる暇もなしっていう感じ。

毎日わたしは鬼ばばあのように怒っておりますが。ほんとこの子達ったら平気ったらないのよ。でもね。とにかくふたりが元気で明るいのでいいとしましょう。

それにしても塾の引き落とし。すごい金額~ウッソ~。塾って2月から学年が上がるから。恐怖の始まりだ。5年6年はボッタクリでしょ~!デクノちゃんに勉強薦めた児童相談所さん。今ぼったくりにあっています。助けて~

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

只今、参加中だよ。

大切な言葉ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
大切な言葉ブログトーナメント

2011年12月22日 (木)

愛情不足の子育て/理想と現実

娘が再婚相手はは30代だった。世間で言ったらしっかりしている年だと思ったのだが、中身を空けてみるとなんとも、ほど遠い存在だった。

なんだかねぇ。そんなものなんだなぁ。娘の前夫は娘と同じ年だったので、これはあまりにも若すぎて仕方が無いのかなぁと思ったものだが。こうなると年は関係ないらしい。

まあ、わたしも含めてだが、育て方をものすごく間違えたがために、こんな大人を作ってしまったのだろう。ひとつ言えることは愛情不足。

実を言うと娘の前の夫。ポンコとデクノの父親だが、16歳ぐらいのときからわたしが面倒をみていた。その当時、親が手に負えなくなっていて、わたしの家に転がり込んできたのだ。

娘がこの不良の男の子が好きで好きで。知り合ったらしいが。。。どうしてこの男の子がいいのか、まったくわたしとしては理解不能だった。

結局、16歳から家に住み着き、結婚して離婚するまで面倒をみた。この頃がわたしの過去最大なる苦悩だった。

そういうわけで不良少年、少女達をたくさん見て来た。その中にはとてもやさしい男の子もいた。何故この子がというような家庭の子供だ。すばらしい一軒屋に住み。兄弟もいて、父親はエリート、母親は専業主婦。

当時はわたしも少し偏見の目でしか見られなかったのだろう。わたしのように母子家庭やアパート暮らしの共稼ぎ夫婦で、やっとの暮らしをしている子供しかこんな子供にはならないだろうなんて思っていた節があった。

そんな外見しかみれていなかったわたしだった。なんともまあ、自分でも深いところを見抜けない情けないやつだったと思うが、その子と知り合い現実は違うことに気付かされた。

そんなことが関係しているのではなく、愛情不足なんだ。この子は母に愛されたかったんだ。

あの頃やさしい男の子は今、自傷行為までするようになっている。当時わたしはこの子とよく話しをした。素直に話しをしてくれる子だった。その子がよく言っていたことは、母親は自分を嫌っているんだ。兄だけに一生懸命で自分のことは大嫌いなんだよって、いつも悲しい目をしながら諦めているように話していた。

実際、兄は出来のいい子だった。兄は母親の理想の子供に育ってかわいがっていたが、弟は自分の理想から掛け離れているのが気に入らなかった。そしてすべてを禁止した。これはダメ。あれはダメ。つまり自分の理想の子供にするために支配して育てたのだ。

小学生のうちはそれでも言う事を聞いていたが、中学になってからは我慢できなくなり、母親に反抗してしまい不良仲間に入るのだ。そしてその母はその子をますます避けるようになり、しかもうつ病になってしまう。しかしそのとき、この男の子はその母を誰よりも心配し看病していたのをわたしは知っている。

その反面兄は理想の会社に就職し、りっぱな人生を送っているようだが、この男の子は薬物にまで手を染めてしまった。

この子が母親にどんなにも愛されたかったことを知っているわたしには、後戻りできない現在を思うと胸が詰まる思いだ。

子供は自分の思い通りにはならないものだ。母親の理想を押し付けすぎたがために子供の心は壊れていった。しかもこの母親は未だにこの子の苦しみに気付いていない。

どうして気付かないのか。それは。。。

子供への欲求、プライド、世間体、見栄を捨てられないからだ。

一言でいい「あなたのことが好きだ」と言ってほしい。

母親のことばかりになってしまったが、お父さん。あなたが妻のあり方に気付かない責任もあるのだよ。

只今、参加中だよ。

大切な言葉ブログトーナメント - ライフスタイルブログ村
大切な言葉ブログトーナメント

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年12月21日 (水)

自らを変えること

今、わたしの娘は離婚裁判中です。娘の茨の道は続いております。

裁判ともなるとお互いが自分の主張の言い合いを弁護士に通して争います。いわゆる喧嘩。身内であったにもかかわらず喧嘩するのです。

離婚問題が始まってすでに10ヶ月はたとうとしておりますが、わたしは口出しも手出しもせず、娘と相手側の家族とのやり取りを今迄だまって見ておりました。

う~む。

感想としては、どんどんと憎しみ合いは激しくなり、自らの反省は無くなっていく様子が伺えます。裁判とはこういうことなんですね。

結局は勝ち負けを決めるわけですから。自分の非はひたすら隠し相手の弱点を攻め立てるわけです。

なんとも浅はかなる。冷たい行為なわけです。

なんだかこういうことを続けていると、良いことは見えなくなってくるのですね。相手の弁護士さんからの文書を読むと、やはりわたしも人間ですので腹が立ってくるのですが、ここはひとつぐっと我慢が必要だと思うわけです。

こういうことに乗せられて腹を立てて居る様では、まったくもって解決の意図は見つからないのではないかと思うからです。

わたしは重い腰をそろそろあげようと思います。なぜかと申しますと

娘の反省が見えたからです。もちろん、相手が刑事事件を起こしたり、何百万もの使い込みをしたりで余りにも酷いとは思います。

だから何故娘の反省か。とも思うでしょうが。そもそも再婚したのも自分がいいと思ってしたことです。ふたりの娘をわたしに任せ、自分が決心して嫁いだのです。

そのときは、多分残されたふたりの子供の気持ちはまったく分かっていなかったと思います。

そして、相手の家族もです。子供達の気持ちなんていいように言っているだけで、まったく考えてなんていないと思います。きっと幸せでいっぱいだったのでしょう。自分よがりの幸せですが。

つまり娘がこうなったのは自分のせいでもでもあるのです。

そして今回は母子家庭を選ぼうとしている娘。また、母子家庭になることを、甘く考えているとしか思えませんでした。

娘は再婚後生まれたふたりの子供を連れて夫の元から逃げて生活しています。

その中で仕事を探したり役所に行って福祉を求めたりひとりで考え行動しました。そこで体験したことは壁ばかりでした。

こんなにも大変なことだとは思ってみなかったことばかりだったと思います。

わたしは娘を母子家庭で育てたので、こんなことは経験済みです。だから言葉ではなんとでも説明できますし、金銭面でもとりあえずは助けることもできました。しかし、ひとの言葉では伝わりませんし、苦労もしないでえたお金など娘の心の成長には、なんの役にも立ちません。

だからほっておきました。

そして、娘は自らを思い知らされたのです。そしてここから立ち上がれるかどうかも近づかないで、

ほっておきっました。

娘が親として子供達を守っていけるかを確かめたかったからです。

娘は必死に仕事をし、贅沢もせず子供達のために生きる力をつける努力をしていました。まだこれからですが、今までとはまったく違う娘の姿を少しですがわたしは確認できました。

苦境の中、泣き言をひとことも言わず、ひとりで子供達を育てる娘をみました。

そしてその確認ができた今、わたしは娘に言いました。

「頑張ってるね。あなたならこれからも頑張れる。大丈夫だ」って。

娘はわたしの言葉を聞いて、少しほっとしたのか

「お母さんがいっぱい教えてくれたからだよ。もう同じ過ちは繰り返さないよ。」

と、泣いていました。

以前と違うのは、わたしの行動(ほっておいたこと)を冷たい親だと思わず、教えてくれたと言いました。そこに心の成長を感じました。

決して世間は甘くないです。どうか忘れないで下さい。今感じたことを。

そもそも、人間は結婚するだの、離婚するだのになると、結婚や離婚という目的があるが故に火事場の馬鹿力がでるものです。

しかし達成したとたん、その力を継続できないのです。忘れてしまうのです。継続は力なり。本当の力はこれからなんです。

まずは自らを変えること。これこそが第一歩です。自分が良心になれば、自然と良心なひとと縁ができるものです。摩訶不思議なことに、ひとを変えようと思ったら自らを変えるのが一番の方法なのです。

わたしも良心が磨かれたひとを見て自分を恥じることがあります。そして、反省し直そうと思うことがたびたびあります。これはひとから教えられたわけではなく、自分がその姿をみて気付いただけなのです。つまり、ひとを直そうと思ったら自分を変えるだけでいいということです。

そろそろ、わたしが弁護士さんに会って少し助言をしてあげましょう。

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年12月19日 (月)

ブログ休んで、不定期復活

こんにちは。ブログをお休みしてもう時期1カ月。

とりあえず、今までいろいろ忙しくて大変でした。今も変わりませんが時々ストレス発散でブログを書きたくなっておりました。そこで、ぼちぼちですが。本当にぼちぼち。不定期復活しようと思います。

なんだかたくさんのコメントを頂いて、訪問も今もしていただいている方もいらっしゃりまして、本当に皆様ありがとうございます。とてもうれしい限りです。すみません。

今や娘の離婚問題で人間不信が勃発している中、ブログで出会い、顔も知らない方々のやさしさが尚更にうれしく感じられました。

昨日観た南極大陸のドラマには感動しておりました。というより毎回胸が痛いです。なんとも人間がつい忘れてしまう心。思いやりが詰まっておりました。動物を飼われている方はもちろんのこと泣かせてくれました。これは生きていくなかで忘れてはいけない感情なんです。美しいドラマでした。

わたしの家の隣に住んでいる80代の老夫婦のおじいさんは、とても粋な計らいをしてくれるかたです。普段ほとんど話もしたことがないうえに特に近所付き合いもないのですが、わたしと孫ふたりの生活を知ってなのかわたしの自転車のサドルがボロボロになっているとサドルカバーを100円ショップで見つけてきて付けておいてくれたり、孫の自転車のスタンドが緩んで自転車がうまく立たなくなっていたのを修理してくれたりと。

大した事では無いのかもしれませんが、ただのお節介と思うかたもいるとも思いますが、わたしはこんなことに幸せを感じます。

垢の他人のかたの優しさを感じますと、縁あって出逢え家族となったはずなのに争うことになってしまうのは、どうしてなんでしょうか?ますます考えてしまう今日この頃です。

人間とは面白い生き物です。子供のころはもっと純真な心があったはずなのに。きっと何時の日にか落としてしまったのかもしれません。

うまくいかないのは、落としてしまったことに気付いて拾うことが出来る人間と、出来ない人間がいるからなのでしょうが。

生きていれば、テレビを観ていているだけでも気づきの場面に出逢うことはたくさんあるはずなのですがね。。。。

わたくし婆ちゃんねるさんのブログを観て、昨日からぼちぼち大掃除をしております~。あっと言う間に今年も終わりますねぇ。

綺麗になるとリフレッシュできそうなので頑張っておりますが。なんだか整理しておりますとつい途中手を止めて見入ってしまうようなものが出てきたりしてね。

それをみていたデクノに。「大掃除はね。そういうものは無視しないとダメなんだよ。終わってからにしないとはかどらないってテレビで何とか先生が言ってたよ。」と言われてしまいました。テレビで大掃除の仕方をやっていてデクノとポンコはそれを観ていたらしいです。

それからというもの、ふたりが洗濯物のたたみ方が間違っているとかうるさいのです。笑えます。ほほほ。

それでは、みなさま、またよかったら訪問して下さいませ~

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック