フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

« 若造夫婦の子育て11 | トップページ | 若造夫婦の子育て12 »

2012年2月 5日 (日)

凛とする

わたしの好きな言葉、目標としている言葉。

凛とする

冴えて、引き締まっている様子などを表す表現。容姿や態度、物腰などが、清らで勇ましく、美しいさま。凛々しいさま。

こういうひとにわたしなりたいですが。ちょっと、ムリありますね

挨拶がきちんとしていて、ステキに感じるお子さんを見かけることがあります。話をしても素直さと前向きさを感じます。

ただ、すごいなぁ~。と思うと同時に親御さんがどんなひとなのかが気になるところですが、実際お会いすると、やっぱりなぁ~。こういうことかぁ。はいはい

凜としています。これぞ、憧れ~

まあ、口あんぐりとしているだけですが、深く自分のことを反省するのでございます。

親子共に情緒が安定しているのでしょう。これに尽きますよ。

このタイプとは別に楽観的な性格のお子さんっていますよね。

親がいくらしかっても、懲りない。とくに気にしない。よく言ったら楽観的な性格の子。

すぐにケロっとして、わかってるのかなんなのか聞いているのか。まったく上の空にみえるタイプ。でも、自分の言いたい事は率直に聞いてきたり、ハキハキしている子供。

このタイプは悪くないのよね。素直といえば素直な子供らしい子供なのよ。

けして情緒不安定ではないのよ。

不安定な子供の特徴は、周りの顔色をうかがってばかりだから、気持ちを素直に出せないのよね。だから、回りくどい言い方でひとの心に届かない。

それがまた悪循環になりどんどん引っ込み思案になったり、エスカレートするとワザと怒られるようなことで自分の気持ちを悟ってもらおうと必死になるような行動、擬音を出したり身体を震わせたりして気付かせようとする。

言葉でストレートに言えないのよね。なんでもないことでもよ。

うちで言うとこのタイプはデクノちゃんの小さい頃。今でもまだ完全になおってはいないけど、とにかくこのままじゃだめだって思って頑張って少しづつなおす努力をしてきたから頻繁ではなくなったけど、結構な時間が掛かったわね。

気付いてなかったら、今頃大変なことになっていたわ。

ポンコちゃんは、おかげさまで楽観的な子供に育ったわね。これは安心感を与えて育てたからよ。これにすごく気をつけたの。巻き込まないようにするために頑張ってみたわ。

ポンコちゃんの特徴は、ひとを疑わない信じているわ。だから不安感が起きないのよね。だけど、ほんとマイペース、我の道を行くって感じ。でも気を使わないでなんでもポンポン言えるからとりあえずは楽よ。宿題しろ~!とか、早く着替えろ~!とか、これはマイド。

時にはあまりにも酷いから激怒することもあるが、特にそんなにひねくれないで聞いていて、ごめんなさいって言うからね。ところが次の日も同じ事するのよ!全然聞いてないんじゃ!!そのうえ~。ごめんなちゃ~い!とかおちゃめ~。って感じで、こっちがあほらしくなってくるけどね。

まあ、言いたい事ストレートに言ってくるからね。この子は

デクノちゃんは、やはり見捨てられる不安を小さいときから抱えていたから本人、結構ストレートに言えないのよ。だけど、絶対見捨てたりしないからはっきり自分の気持ちをわたしに言えるようにしなさい。といい続けて話せるようにはなってきたし、ポンコちゃんのおちゃめさに自分は損な性格なのかも?と思えてきたらしいけどね。

まだ、努力は必須だわ。今のうちに気をつけておかないと大きくなったとき必ずといっていいほど、自立できなくなる。爆発する可能性も大。そして、こういう子は間違った行動を起こす大人になる確率は相当高いのよね。

たとえばこういう子のことを理解しようと努力すると、自分が空回りするのでやめたほうがいいのね。この子の気持ちなんて所詮わかるわけないのよ。ただ、何か出来ることがあるとすれば信じてあげることだろうね。そんだけ?

他に何を努力すればいいのか?

これは子供をどうこうするより、

自分よ。自分が安定すればいいのよ。子供をなおすより自分。

子供に安心感を与えられるのは自分の情緒なのよね。

それが出来れば、何か参考にしなくても自分なり、その子なりの育て方が自然と出来るわけよね。

かといって、子育てに情熱を持ちすぎて、過度の期待や理想の押し付けは同じように子供の不安感を与えるもとになるからね。

なんでもほどほどに。自然に。ってことね。

とにかく自分!凜としなきゃね~が目標!がんばろ~っと

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 若造夫婦の子育て11 | トップページ | 若造夫婦の子育て12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

十分凛とされてますよ(◎´∀`)ノ

子供たちの子ともよく見てますね

ガンバっす

凛としてる人いますね。私は、なりふり構わず毎日過ごしてる感じです。自分では精一杯してるつもりでも全然駄目です。凛としてる人って考え方が、ぶれないし、押し付けがましく無いですよね?そんな風に思うのですが?私もそうでありたいですが、現実は無理で、毎日朝から晩までガミガミ言ってて、娘に逆ギレされ[うるさーい]なんて言われる始末です!
三歳にもまだならないのに、困り果ててます。

どらこさん こんばんは
「りん」という言葉の響きが好きで、
子どもには「凛」か「輪」とつけたかったんですけど、
苗字が二文字なものですから、
ちょっと短すぎていかんな・・と思いやめました。
でも、いまだに憧れの名前であり、
憧れの言葉です。

ちなみにうちの子らは、「凛」としていない母の子なので、
非常に楽観的。
長男にいたっては、幼稚園の先生に
「耳の検査を受けられては?」と
すすめられたことがあります。
ちゃんと「はい」と返事が出来る子をめざしているのですが、
お外ではできても、家では全然ダメですね。

私も自分がまずゆったりできるように
心がけねばと思いますね。
母親が幸せに笑っていないと
子どもにも伝わりますものね。
適当に。適当に。

凛…いい言葉ですよね
姫乃も大好きです
ほんと、背筋がぴんと伸びるような清々しさ
自分を理解し分をわきまえているからこそ
人に動じず物に動じず、自己表現できる
そう、やはり自分を磨くことが大切な気がします

デクノちゃん、本当に可哀想な環境で
人生を踏み出したけれど
どらこさんの背中を見て
きっと、凛とした人物になってくれると思いますよ!
どらこさんの懐の深さ、姫乃には真似できません…(#^.^#)


凛。
わたしもこの言葉、文字も好き。
どらこさんの話はいつも含蓄があり凄いナーと思います。
よく子供たちのことをみているのね。
感心しています。

たぴあさん!
あたしゃ~。りんとしてないよ~。
下品すぎるし、いちいち怒ってるよ~。

ノンキチさん~。わたしも~逆ギレします。
よくします~。冷静なる態度なんてほとんど
できますぬ。^^ただのあこがれとなっている
今日この頃。子供とバトルは疲れるね!
毎日、明日は静かな一日でありますようにって
思ってますよ~

むくむくさん。りんっていう名前候補だったのね!
いいよねぇ~。
コレ男の子でも女の子でもいい名前よね。
そうか、苗字とのバランスもあるのね。確かに。。。
漢字二文字ならそでもないけど、読みが二文字の
苗字にりんをつけるとちょっと、言い方によってはあだ名ちっく
になってふざけた感じになるねぇ。かわいいけどね。^^

姫乃先生。デクノちゃん大丈夫か心配です。
一度経験してますので、
もう、体力も限界なんですよ~~~。
とにかく、それだけは避けなければなりやせん。
祈ってます。ア~メン!

先輩も凛好きですか~。
わたしも文字も好き。凜っていう禾が付くほう
があるでしょ!昔の字のほうなの?
あれが好きよ!今は示が一般的だけどね!

どらこさんはじめまして。 エリコといいます。
ブログを拝見させていただいて、どらこさんに相談したいことがあるのです。
仕事と子育てとを両立するうえで、何か秘訣になるようなことがあれば教えてください。私はこの春から転職します。しかし、転職先は忙しく、子育てとの両立が大変になりそうです。
祖父母と旦那の協力は得られそうですが、私自身子供が苦手です。しかし、生むからには絶対子供を幸せにする義務があると思っています。(まだ妊娠していませんが)
今後の参考のために仕事と子育て両立の極意をおしえてください。

エリコさんはじめまして。
子供が苦手なんですね。わたしもですよ。
ただ、子供に対する気持ちは、生まれてみないと
わからないのですが今回のコメントは嫌いという
表現ではないので大丈夫かなぁと。
心にゆとりがないまま子供を産みますと、子供の世話が
煩わしくなります。仕事を持っているいないにかかわらず
です。
エリコさんの場合、協力が得られるとのことなので、まず
大人たちが子育てでの意見の相違などがないようにしっかり
そのへんも協力してもらえるようにできたらいいですよね。
まずは、子供のことで揉めたりしないでみんなで育てるつもり
で、協力者同士仲良くでしょう。
仲良くお互い思いやりを忘れない。
子供はそれだけで、すくすく育ちますよ。
あまり完璧すぎても子供には悪いです。
自分が子供の頃のこころの内を思い出して、素直な心で
愛情表現が出来たらいいですね。
自然に自分をかざらず、素直に子供に接してあげてくださいね。
あと、
いい加減、飽きっぽい、いうことを聞かない。
は、健康な子供です~。
うちの子どうしてこんななの~って悩むかたもいらっしゃるのですが、
これ健康子供ですよ~。
だんだん、話しが膨れてきたのでこのへんにしておきます。
あまり、参考にならないと思いますが、すみません。
エリコさんコメントありがとうございました。

ご返事ありがとうございます。
私自身子供ころの親からの愛情不足による自己評価の低さなどをやっと最近克服できているような状態で、こんな自分が子育てできるかと不安ですが、どらこ様の温かいお言葉に救われました。子供はかわいいと思いますが、子供の人生の責任を自分が背負うことを考えると不安になる日々でした。ですが、どらこ様の完璧すぎてもいけない、協力が大切という言葉通りにやっていこうと思います。今後もブログを参考にします!
最後にお礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
今後のお孫さんの成長を楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凛とする:

« 若造夫婦の子育て11 | トップページ | 若造夫婦の子育て12 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック