フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

« 縁を切るしかない? | トップページ | 保育所ジャイアンくんから学ぶこと »

2012年2月13日 (月)

かわいそう育て

2度目の片親になって思うことがあります。

娘のときのことを振り返りよくなかったなぁと思う反省点が

やはり、かわいそう育て。

今、孫ふたりを養女として育てておまりますが、これから迎える思春期のこと。

ここから子供達がどう変わるかは、

かわいそう育てをしているか、していないかでしょう。

そして、成長につれてやってくるのが、実の親が誰なのかでした。

孫達ふたりには、反省もこめてなんでも話しております。酷くなく教訓もこめてうまくですが。

娘は親に言ってこなくても、こころに秘めていました。

それが一番感情に現れてくるのが思春期でしょう。中学になった頃からです。

事情はどうあれうまく話してあげていたほうがよかったようです。なるべく小さいうちにです。

小学生まであんなに良い子だったのに、娘は思春期に変貌しました。

父親のことは大きくなって話しがもっと理解できるようになってから、きちんと話そうとか思いずるずるしていました。

しかし、大きくなってからなんて、思春期に入り、もっと受け入れてなんてくれませんでしたよ。

そしてわたしは、思春期の怖さを嫌というほど体験しましたね。

わたしのあやふやな態度とかわいそう育てをしたことが降りかかったのです。

わたしの場合、ほとんど仕事でかまわなかったのを埋めようと甘やかしたり、あまり話も聞いてあげていなかったとも思います。

片親であるということは、父親母親のふたつの役割をひとりでまかなわなければなりません。

ただ、これはがんばっても、実際は無理でした。

ただ、頑張りやのお母さんなのに何故子供が非行に走ってしまったの?は、よく世間でも耳にしました。それはわたしとしては少々疑問だったのですが、わたしみたいなパターンではなく、すごく頑張って子供の事を考えているかたの場合です。

頑張っているお母さんの何がいけないのか。

自分ひとりで背負いすぎて、子供を不憫と思い家の手伝いもさせないことにもあるようです。

子供は親の姿を見て育ちますが、片親である場合、仕事も家事も教育もすべてにおいてひとりです。

自分だけが苦労すればいいと、片親にさせて子供が不憫などと思い、必要以上に敏感になりすぎています。

子供にさびしい思いをさせているからと、苦労をさせまいと必死になるでしょう。

結局、そんな思いが自分を張り詰めてしまう。子供は感じてますよ。お母さんっていっつも悲しそうだって。

そしてありました。わたしとの共通点。不憫というところです。

しかも、この子にはお父さん(父子だったらお母さん)が必要なんではないかなんて思ってしまうひともいます。。わたしも思いました。

いいひとに出逢えて考えることで、出逢えていないうちからそんなことを考えるのは子供のためでなく自分のためなのかもしれないです。(わたしの場合ですが。)

子供の本音は、そんなもの”いらない”でした。

再婚してうまくいっているひともいますが、現実はそうとう大変なことばかりです。再婚には時間が掛かかります。子供はそう簡単ではありません。自分の子供でさえも大変なのに、夫と子供の気遣いでそのうちいろいろ問題がでてきます。結局、ちょっとした諍いになったとき血のつながりがどうのこうのって、おかしな考えがお互い出てくるほうが多いのです。

子供の見方になれば、夫が。。。夫の見方になれば、子供が。。。

このプレッシャー。結構大変です。

いいひとに出会えればいいですがねぇ。なかにはいますけどね。

しかし現実は、なかなか。。。(再婚相手の方のほうが実はものすごく精神的に大変なのです。なんか自分だけ部外者みたいに感じるのです)

だから、子供がいるとなると判断が難しい。自分だけならまだしも、子供を道連れにするわけですからね。娘の再婚の結果を思うと特にまた感じるわけです。一緒に行っていたら。。。です。

とにかく、子供は片親という現実が普通と違うと感じることもありますが、これが淋しいことなんだと思わせているのは実はわたし自身だったことは間違えなさそうです。

これが子供にとっての一番の悪だったのです。

片親が淋しいことだと子供に認識させているのは、親自身がかもし出しているのであって、世間がそうしているのではありません。

子供がいまの現状を受け入れて元気に成長できるようになるためには親の考えが卑屈にならず、子供と何でも話し合い、協力し生きていくことです。

過去わたしは人付き合いもたぶん悪かったです。自分の都合のいい、同じような心情の人間としか話しが出来なかったように思います。ひとの人情を素直に受けられない。殻に閉じこもった考えを持っていました。

自分が片親ということに、ひととの違いを感じ過ぎていました。

こういう気持ちが子供に影響を与えます。こんなことは関係ない。堂々と生きていればいいのです。

ひとは皆それぞれの人生を生きてゆきます。自分は片親になりましたが、子供はどうなるかなんてわかりません。同じ道を歩むかもしれないし、そうでないかもしれない。

ただ言えることは、子供は今を生きています。離婚して子供に悪いことをしてしまったと思っていても、片親であることを不憫なことなんだと思わせないことです。

そして、ひとの人情をひねくれて取らない事でしょう。素直に受け入れる事です。

甘えすぎは、よくないですが拒絶反応はもっとよくないでしょう。

厳しい現状でしょうが、親子が協力しあい、子供には難しい話しだとしても、解る範囲でなるべく話して聞かせ、共に生きてゆくことが子供にとっても親にとっても今後必要なことだと思います。

「こらから先、どうやって生きていこうか?お母さんは明るい家庭を作りたいの。でもね。そのためにはあなたの協力なしではなれないんだ。お母さんを少し助けてもらえるかなぁ。」

そう、少しは弱いところもみせないと、子供だってわかりませんよね。

子供達はこの話し掛けで、ともに生きる道を考える親の協力者になります。

ほんの少しの家でのお手伝いからでも、いいのです。

それは子供の成長を助けます。

まあ、片親に限ったことではないですがね。特にです。

子供が出来ることは、任せてあげたいです。はじめは時間が掛かりますが、任せることによって自分の片腕になります。

そして思いやりのある子供に成長します。

それは、思春期も怖くない生活が待っていることにもなるのです。

思春期。。反抗はあって当たり前。誰もが通る道。

だけど、道を外すのは行き過ぎの反抗。

愛情の掛け方の足りなさか、間違った愛情で育てた親の責任でありんす。

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 縁を切るしかない? | トップページ | 保育所ジャイアンくんから学ぶこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

僕も3歳から片親っす~それから親父と暮らしてますね

今でいうDVを母にされてまっす!

1時期ケンカばっかしてた時期がありましたが・・

大人になるにつれ、親のありがたみとか分かりますね~

ボクシングをやって人間が変わったのが一番ですかね~

独りで育てるのって大変ですよね

親父も超苦労したようです。

昔は超貧乏でしたしね

今は幸せっす、妻と子供と親父で仲良く暮らしてます。

親父が頑張ったのか?自分を不憫に思ったことが無いっすねー

親父様様っすねー

おはようございます。
いつもですが 今日は特にどらこさんの言葉があったかいです。
私は 両親がまだ元気でいるので 自分のことを不憫とか一度も思ったことがないけど 同居中の娘と孫はずうずうしいくらいアッケラカンとしています。もう少し「気使えば?」と言いたくなるほど・・

私もかなりアッケラカンとしているのはこの二人のおかげなのかも・・
と たいしたコメントになってないけど どらこさん まだ寒いから風邪引かないでね(*^_^*)

こんにちはいつもどらこさんのブログを拝見して、考えさせられます。
私も片親で育ち、反抗もしてきました。
今自分が親になり、母の気持ちがようやくわかった気がします
でも、母のようにちゃんと愛情をもって接していられているか、
子供のことをキチンと見てあげているか・・・など疑問だらけ。
どらこさんのブログを拝見するととても勉強になります。
私も子育て頑張ります

初めまして。
とても良いお母さん(おばあちゃん(失礼m(__)m))していらっしゃいますね。
「子育てに正解なし!」なんですよね。
子供って、こうやって育てればイイなんて絶対にないんです。
でも、きっと一生懸命だったことは必ずわかってもらえると思います。
頑張ってください!

たぴあさん。こんばんは~。
なんだかいい話しですよ。

>今は幸せっす、妻と子供と親父で仲良く暮らしてます。
親父が頑張ったのか?自分を不憫に思ったことが無いっすねー
親父様様っすねー

この言葉お父さん見たら泣いちゃいますよ~。
お父さん!すごい!世界一だよ!
幸せって。。。
こういうことだよってわたしは思うから。
いい息子だよ~

青空さん。ありがとう。
そっちも雪大変だから~。
ガッツあるよ!ほんとに~。
はやく春こいだよねぇ^^
アッケラカンできるのは青空さんが
いるからだと思いますよ。
やっぱり雪国の女は強いじゃけん!
なんだかじゃけんはおかしいか。
青空さんところは、ハンパない寒さだろうから
ムリしないでね。

きゅうりさん。たびたびコメントありがとう
いつもすごく明るくっていい家庭だなって思ってますよ。
逆にわたしなんだかすごくうれしいですよ。
きゅうりさんの元気なコメントみると
片親云々って関係ないんだなぁって思いますもの。
わたしが参考にしたいぐらですよ~。
ありがと!ありがと!

mameraさんはじめまして、
そしてコメントありがとうございます。
子育ては十人十色ですものね。
まだまだ、長いですが、ほんとに老人になるまで、
はい!頑張ります!
インフル流行ってますね。気をつけてくださいね^^

どらこさん こんばんは
シングルマザーの人が習い事でいますが、
彼女はちゃんと子どもに伝えてるみたいです。
離婚のこともあっけらかんと話してました。

子どもは、しっかりと自分の境遇を受け止められるものですね。
のんびりしたいいお子さんを育てられています。

欲をだせばきりがないですけれども
幸せのかたちも人それぞれですもんね。

いつもお勉強になります。

どこからともなくふと見つけたのでアクセスしました。
通りすがりなのですみませんm(_ _)m

そして記事を読み思ったことを書かせていただきます(^ ^)

もし嫌だと感じたり気に食わないと思われたら、消してください(^ ^)


私は現在18で高校3年で
今大学受験中です。

私が5年生の時、私の父は胃がんで亡くなりました。
それ以来、私の母は
私と弟(当時3年生、現在高校1年)を母一人で育ててくれました。
父が亡くなった年から2、3年母は本当に辛そうで、毎晩ふと見ると、静かに泣いていることがよくありました。

私が中学の時、親と一緒に歩くのが嫌な時期があって「ついて来ないで!!」って言ったことがありました。

でも、今思えばすごく申し訳ないことしたなぁ…と後々感じるのです。


今私の目標はお母さんみたいなお母さんになることです。

それは何もいわず
毎日頑張ってる姿を見ているから。

言わなくても、話さなくても子供はわかってることもあると思います。そして、どらこさんの頑張りは絶対に伝わってると思います。

環境や状況は
違うかもしれませんが、
子供の私はそんなふうに
感じております。

それでは
長々と失礼致しました(^ ^)

むくむくさん。こんにちは~^^
お誕生日楽しく過ごせましたね。
いいお母さんしてますねぇ。
仕事も大変だろうに、すごいですよ~。
ちょっと、わたしにもその元気をわけて
ほしいぐらいよ~。
ひとそれぞれ、自分がぐらつかないように
信念をもって歩いてゆきますよ。
体力自信なし

mi-(^ ^)さん。はじめまして。
わたしのブログに、初です。
こんな若いお方は!
ちょ~と、うれしいですよ~。
お父さん亡くなられたのですね。
心情を考えると、言葉が出ませんよ。
でも、今お母さんうれしいですね。
暖かいコメントをわたしのブログに残してくれる
お嬢さんを育てた事。すばらしいです。
わたしの娘のことを言ってくれているのね。
ありがと~~~。
ありがとう!今年はいいことありそうな気がするな^^
大学受験、大変だね。風邪引かないようにがんばってね!
応援してますよ~

本当に身につまされるお話しです。
結局、親が子供に対しても真摯に向き合うことが大切なんでしょうね。
言わなくてもわかる、は、通じる子もいるけど、わからない子もいます。逆に子供に違うことが伝わってしまうことも。
私の弟は、思春期にしっかりとグレました。
私や妹は、親が大変(借金など)だと思って我慢しながらも普通に育ち、親からも特に何もありませんでした。
でも弟にはつらい状況だったのかもしれません・・。
お孫さんたちとの暮らし、とても素敵です。
きっとスクスク成長されていくと思います^^

どらこさん こんにちわ 私と同じような境遇にある人に出会えて嬉しいです どらこさんのブログ、すごく勇気と元気がでます。私も去年末から 七歳男子の孫を育てています(^^ゞ 思えば 妻子ある男の子供を妊娠 出産すると言う娘の頬を 悲鳴をあげながら張り倒し(笑)髪掴み合い、壮絶な親子喧嘩をしてまで 生まれた子なのに 不思議ですよね 私 生まれたばかりの孫を抱いた時 自分の子と錯覚してしまいそうなくらい 愛しい〜って思ったんです その時 私はまだ40歳でしたけどね(^_^;)
いろいろ考えたし、皆に反対されたけど、虐やネグレストで絶対に孫を死なせたくないし 娘を犯罪者にもしたくなかったら 引き取るしかなかったの 一人で気ままに生きてた私だけど 孫来てからは それはそれで 毎日忙しく楽しいです♪ホントお手伝いさせなきゃダメですね〜 私もかわいそう育児しないように気を付けよう どらこさん お互い体に気をつけてがんばりましょう(~o~)

どらこさん はじめまして。
あつみと申します。

シングルマザーで検索し偶然たどり着きました。
まさしく今の私の心情、もやもや、やるせなさ・・・
に寄り添い、励まし、活を入れてくださるblogに胸を打たれました。

離婚してから夏休み、春休み、行事シーズンのたびに
両親そろってのイベントが出来ないことに子供を
不憫に思い、雑誌やテレビでの【家族そろって】に過敏に反応し
焦り、とりあえず話題のところへ連れて行きそこでもやはり
【家族そろって】る人たちを目の当たりにし卑屈になり余計にわが子を
不憫に思い・・・の繰り返しでしてた。

長年の友達に気持ちのもって行き方を相談しても
『元旦那とよりを戻したいの?別れた旦那と子供は会わせないほうがいい。お父さんを憎むように育てないと駄目』などと言われますます気持ちの整理がつかなりなりました。
もちろん離婚(夫婦関係の解消)においてはなんら後悔はないのです。

すみませんつい友達に話した内容とまったく同じになってました・・・

これからもblog拝見させていただきます。
ありがとうございました。

羊飼いさん。お久し振りです。
元気ですか~。
いろいろ、皆さんありますよねぇ。
孫のことはどうかわかりませんが、
自分が吹っ切れたぶん娘のときより
は精神的にらくに生きれてますね。
あ~。でも昔よりわたしも真面目に
なったかなぁ。っていうよりボケてきたような。。。
しかし、年にはかなわんです。
これが今一番の悩み!!^^

akeさん。はじめまして~。
うれしいなぁ。
あんまりそうは出逢えませんのでね。
しかし、今の時代結構孫引き取って。多いらしいのですが。
勇気あるコメントありがとうございます~。
男の子一年生ですかね。まだまだかわいいときいいですねぇ。

取っ組み合いですね!バトルしましたね。
わたしも娘とはそうとうバトリましたよ。
下の階のパパさんが、「大丈夫ですか~!」って
ピンポンされました。
凄かったです。(わたしの父親が脅かしの闘いをしろ!
カッとなってもまわりをよく見て危なくないように。
それが喧嘩だ!グーはダメだぞとかワケわからないことを
小さい頃から言われてまして。ほんと何を教えてるのやら。。)
わたし女ですし。
今の時代そんなこと子供に教えてたら大問題ですね!
今では懐かしいですよ。相当体力と気力で生きてた感じかなぁ。
また、よかったら遊びに来て下さいね!頑張りましょうね

あつみさん。はじめまして~。
今回はじめましてたくさんです。うれしいです~。
わたしも、娘のとき頭グルグルしてましたよ。
だからそういう気持ちになるのすごく分かりますよ。
はじめてのことだし、そうなっちゃいますよね!
こればっかりは仕方ないんだと思いますよ。
理想と現実は違うもの。
ただ、お父さんを憎むようにっていうのはアカンです。
とにかく、ひとを憎むはいいことない!後ろに引っ張られるだけ
ですからね。憎悪を教え込まれた子供がどう成長するかを思うと
そのほうがかわいそうですよね。
そんなことより、ふたりでも頑張ろう~って、子供がお父さんに会いたいなら会わせればいいし、事情もあるだろうからそれは、ひとの意見ではなくあつみさんが思ったことが正しいのです。
自分で決めて堂々とした自分を見せてあげることが子供の安心を作ってあげれます。
思春期入る前までは子供はお母さんのいう事結構聞きますから。
いっぱい教えてあげれるし楽しい時期ですよ。それからはちょっと親離れしなくてはいけなくなるのですから、淋しくならないように自分を鍛えておきましょうねぇ。もうアッという間に大きくなっちゃいますよ。一緒にがんばりましょうねぇ
ありがとう

私も、かわいそう育てになってしまっています!本当に駄目親です。。
ドラコさんのブログに、いつも、うんうん、うなづきながら他の人のコメントまで全部読み、またまた自分の愚かさに気付きます。ドラコさん携帯が壊れてコメント遅れましたが、家のパソコンで見たら、もっとたくさんの人がコメントしてるのですね良かった。
パソコンでコメント入れようと土日も格闘したのですが、機械音痴には無理があり、娘にママパソコンもうやめてぇ〜と、叫ばれたので(笑)断念してしまいました。

ノンキチさん。こんばんは~。
携帯壊れたの?わたしのもそうとう古いの。
わたしは携帯で打ち込むのがすごく苦手なの。
ぜんぜん未だになれない。パソコンならパチパチ
できるんだけどやっぱり年をとってから始めた事
ってダメね。
コメント過去記事であろうとなんであとうと適当に
してくれて結構よ。してもらえてうれしいもの。
わたし、この頃全然更新できなくて、コメント返事も
遅れがちなのよ~。^^
他の人のコメントいいこといっぱい書いてあるわよね。
わたしも見ながら感心してるのよね。

なんだか娘さんとのやりとりがとても楽しそうだわ~。
いいわよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かわいそう育て:

« 縁を切るしかない? | トップページ | 保育所ジャイアンくんから学ぶこと »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック