フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

« かわいそう育て | トップページ | 今日の教訓 »

2012年2月16日 (木)

保育所ジャイアンくんから学ぶこと

はじめて、デクノが保育所に入園したのは、年中さんでした。家では、ポンコをいじめる、ジャイコとしか思えないデクノが外の世界へ。

恐るべしデクノ。とにかくまわりに迷惑をかからぬことを祈る。

そこで出会ったのが、デクノを遥かに越えたジャイアンくん。

いましたよ~。すごいキカン坊~。しかも、年少です。

叩く、噛む、ひったくるは当たり前。勝手気ままなジャイアンくん。

デクノちゃんは、家ではポンコにしていたことを、その子に出逢い、

やられる側に~~。

こりゃ~。デクノちゃん。びっくり仰天したでしょう。こんな強い子見たことない!

あちゃ~。でしょう。

ところが、デクノは、反抗するのかと思いきや、反抗できない気弱だったのですよ。

へ~。

意外な結果でしたが、外で同じことをされたら生きた心地がしないので、やられる側で内心ホッとしました。

それはいいのか悪いのかわかりませんが、毎日デクノは我慢の連続。まあ、保育所には先生もいますのでとりあえずは社会勉強というわけで。

それからしばらくするとママがジャイアンくんとジャイアンママを家に連れてきました。

結構、ジャイアンママとは仲良くしていたのですね。ママも面白い親です。普通嫌がるはずが。。。ジャイアンくんはなかなか他の子には避けられてしまい結局デクノだけが相手になっていたようですよ。

デクノも自分の家となると強気に。。。ジャイアン、ジャイコの闘いが。

しかし、やっぱりジャイアンくんは想像を絶する暴れん坊でしたよ。

おもちゃをデクノからムリヤリ引ったくり、「ダメ~。」

すると、ジャイアンくんママが、「引ったくらないの~!」

と言うや、ジャイアンくんからおもちゃを引ったくった~!(母も引ったくっている。。。)

そしてすかさず、

「後で買ってあげるから!!」

わ~。ナイス!ギャグ?本気?おいおい~!ステキ!じゃないでしょうが~!!

思わず、わたしも

「買ったらダメでしょう!」

「はい!わかりました。」素直な返事が。。

それを見ていたジャイアンくん、わたしの顔を見るなり逃げていったのでした。

デクノは、このように内弁慶であることが判明するのですが、しかし困ったことがあります。まったく、友達にイヤと言えないことです。

たとえば、これは保育所ではなく保育園の年長の頃なんですが、(この時は、ママと離れてしまった頃です。)精神的にはもっと落ちていた頃なので相当なストレスを抱えておりました。我慢して我慢して発狂するようになっていたときですからね。

そんな頃、保育園で一番強い女の子に悪さをするように命令されます。先生を後ろから叩いてきたら遊びの仲間に入れてあげると。そのときデクノはイヤと言えず実行してしまいました。

当然デクノは先生にしかられる事になるのですが、どうしてそういうことをしたのかは口をつぐんでまったく話そうとしなかったのです。

ところが、そこに出てきたのが、いつもデクノと仲良くしていたしっかり者の女の子。

「デクノちゃんは、○○ちゃんに言われて叩いたんです。」

とりあえずは先生は真相を知り、だが何でも従ってしまうのはいけないことを教えてもらうのです。

やはり、その性質はなかなか直らず、小学一年のとき頭からバケツの水を被ったような状態までビショビショになり家に帰ってきたことがあります。

年長のとき命令してデクノに先生を叩かせた、強~い女の子にずっと引っ付いていた女の子がデクノと同じクラスになり

その子といつもふたりで遊ぶようになりました。同じ保育園からクラスが一緒の女の子はデクノしかいなかったので、その子に

「いつもわたしと一緒にいて、他の子と友達にならないで!」

とデクノは言われ、またもや従い離れないでいたようです。ところが、その子は気に入らない事があるとデクノに意地悪をするらしいのです。

で、今回は放課後、学童で残って遊んでいるとき、水をホースで、逃げても逃げても追いかけられてかけられたとのことでした。

デクノは悔しくて悲しくて泣いて帰ってきました。

そして、デクノは、ヒクヒクしながら言うのです。

「デクノ水かけられたけど、○○ちゃんにはかけてないよ。嫌な事はひとにしたらダメだよね。だから、そのまま帰ってきたんだよ。。。」

やり返してなかったのですねぇ。

「エライなぁ。すごいなぁ。デクノちゃん仕返ししなかったのね。」

「だって、友達だもん。きっと淋しいんだよ。○○ちゃん。」

えっ?淋しい?

「○○ちゃんのママお仕事遅いから、いつも学童終わってもひとりで2時間家で待ってるんだって。」

そんなこと、思うとは、水掛けられて、泣いてるのに。。

とりあえず、

「そうか。デクノちゃんは○○ちゃんの気持ちが分かるんだね。。。すごいね。」

「だけど、また明日水かけられたら。。。」ちょっと、不安そうなので。

「わかった。明日、学童までお洋服持って迎えに行ってあげるよ。お着替えあればかけられても大丈夫でしょ。でもとりあえず、水かけられないように頑張ってね。」

「ほんと!うん。わかった」

何がわかったのだろう。。。

そして、わたしは約束通り着替えを持って学童へ行きました。

すると、デクノより、○○ちゃんがわたしに気付き、

「デクノのおばあちゃんどうしたの?」

と声をかけてきた、

「昨日ね。水浸しで帰ってきたから、今日は着替えを持ってきたんだよ。」

デクノが気付き、

「ホントに迎えに来てくれたんだ~!」かなり嬉しそう。。。

「じゃ~ねぇ。また明日ねぇ。」その子に笑顔でバイバイしている。

帰り道、デクノが言った。

「もう、大丈夫だよ。水とかかけないでって言ったから。。それと、お母さん待ってれば帰ってくるんだから。デクノよりは淋しくないでしょ。って言った。」え~。。。。

「そうか、えらいなぁ。」

この出来事からデクノは本当に変わりました。長く掛かりましたが、イヤなものはイヤとはっきり言えるようになりました。

そして、表面だけでなくひとの気持ちを思いやるこころを、この子は感じていたのです。

その日は、きれいな夕焼けでした。手を繋いで帰った空は明るかったですよ。

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« かわいそう育て | トップページ | 今日の教訓 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どらこさんこんちは~

デクノちゃん最高やないっすか~

すばらっしい~

人は痛みを知って強くなるっすねー

ラストはウルウルきちゃいましたよー

ホントに優しい子です!

将来が楽しみっす(◎´∀`)ノ

とっても、いい話だな〜♡
デクノちゃんの成長には胸を打たれるよ〜♡
デクノちゃん、一杯辛い思いをして
言いたいことも言えず、突っ張ってきたから
人の心が本当にわかるんだね
友達を傷つけないように
待ってれば帰ってくるママがいるじゃんって
言ったんじゃないかな〜デクノちゃんすごいよ\(^o^)/

どらこさん こんばんは
デクノちゃんはやられても
やりかえさない子だったのですね。
おうちではわがままもでますけど、
外へ出たら、我慢もできるようになるんでしょうね。

男の子はこんな感じの子も
たまに見かけました。

悪いとわかっててやってるタイプの子よりは
やりやすいですよね。
目をねらったりする子もいますからね。

女の子で、水をかけた子のようなタイプの
お子さんの話を聞いたことありますが、
まるで女王様なんだそうです。

わざわざ遠回りさせて、自分の家まで迎えにこさせ、
帰りも送らせるし、他の子と仲良くしたらダメ!なんて、大変みたいです。

デクノちゃんが「かわいそう」と思ってるほどだから、
いいところもいっぱいある子だったのかもしれませんね。
でもいじわるされたら、普通はそういうこと考えられませんから。
優しいお孫さんですね。
空を見上げればいいことありますね。

デクノちゃんはホントに思いやりのあるお子さんなんですね。
ブログ読んで感動してしまいました
人の痛みがわかる、心の強い子です
私の娘たちも、デクノちゃんのように、思いやりのある、心の強い子に育って欲しいとおもいました
どらこさんにも脱帽です

まるで児童書みたいですね~^^
すごくいい話~小さい子にもその親にも読んで聞かせてあげたいような
デクノちゃんの成長は本当にめまぐるしいですね^^
どらこさんの努力と愛情のたまものだと思います

いつも元気なタピアパパ~。こんちには~
デクノは、自分が家ではポンコに同じことをしているから。
きっと、やられて気付いたのもあるんですね。
じゃあ、ポンコはどこで発散しているのでしょうか。
と思うのですが、それが当たり前でわからないのか?
お気楽なのか?だけど、下の子は何故かこういうポンコ
みたいな子供が多い。実際反撃したら、ポンコのほうが
相当強いような感じがする今日この頃なのです。
おもしろいでしょ。肝が据わってるの?下の子強いよね。

こちらもいつも元気な姫乃先生。
こんにちは~。
この女の子はとてもハキハキした女の子
ママはすごくやさしいいい人なんですよ。
そして、シングルマザーで近所にお婆ちゃんが
いるの。この子はその頃パパに会いたくてしかたがな
いって言っていたわ。精神的にとても不安定だった
ことは確かなのよ。だけど今ではすごく精神的にも
落ち着いていい子になってるわ。
みんなそれぞれいろいろあるけど気付きながら成長するんだねぇ。

むくむくさん。こんにちは~。
いや、子供はいろいろあるよね。
なんせ、いい子ばっかりじゃ、いい子がなんだか
わからんなる。ってね。
ところがね。悪さで発散しない子もいるのぢゃよ。
こっちのほうが、ものすごい我慢しとるので
どこかで発散させなきゃいかんのかもしれんのだ。
小さいうちの悪さは、きちんと見ててあげれば確実に直るよ。
大人の役目は相手を恨まないように導いてあげることが一番かもしれん。
守ってあげてばかりでいると、大人になって対処方法がわからん
なる可能性があるものね。
こういう経験も、免疫になるってもんだね。


きゅうりさん。いつもありがとう~
あのね。わたしはいつも卑屈に生きてきたのね。
きゅうりさん。今幸せでしょ。すごく明るいし元気だし。
それは、すごくいい生き方をしてきた自分のお陰なんですよ。
わたしは若い頃とても苦しく生きてきたのね。
それは、考え方に恨みなんかも入っていたからなの。
こういうことをしていて楽しいことは絶対起きないことに
娘の反抗期を得て気付いたわけ。遅いでしょ。
でも、本当だったの。恨まない、卑屈にならない。ひとを思いやる。
それだけで、何が起きても辛くないんだってことが分かったの。
長い道のりだったけど、生きてるうちでよかったわ~^^

くーろんさん。こんにちは~
やっぱり、芸術家さんの発想はすごいですねぇ。
そういう風に感じてくれたのですか。
なるほど。もう少し文才があればいいのですが。。。
くーろんさんにライターになってもらいたいぐらいです。
なんちゃって!
自分の子供が意地悪をされたら、親は絶対頭にきますよね。
これは、普通の感情だと思います。
親も子供をもったら、多かれ少なかれ通る道なんですね。
この対処方法、結構悩んでいる親御さんはいるでしょうね。
まあ、これも親業です。子供を強くするも弱くするも考え方次第で
かわるから、これも楽しい親業でしょうねぇ。
ありがとう~。くーろんさん!

素敵ね~どらこさんも冷静だし、デクノちゃんもなんといい子に成長してくれたのでしょう。
親ってこうあるべき、と言うことをどらこさんはちゃんと実践していますね。
なかなかできないことだわ。

せんぱ~い。こんばんは。
せんぱいのブログも参考にしてガツンとやってますよ~。
尊敬するひとには殴られても反省するのが人間らしいから、
せんぱいを見習い自分を教育します!
イマイチ無理なような、品格が足りないような、気がしてならないが。。。。
なんだかねぇ。よくわからないけど、とにかくがんばりま~す!

はじめまして。初コメですが、ちょっと前から読ませていただいてます♪
家では我が出てとてつもなく いろんなことを言ってくるわが息子ですが
保育園では 困ってるとか言えず、おもちゃは人に取られっぱなし、途中までは黙って見てくれていた先生が、間に入ってくれても結局相手に譲る方を選択・・・などなど 自分の要求を外で出さない、大人の顔色をうかがっちゃう子で 園の担任達に心配されています。
まだまだ 全部は読んでいないのですが どらこ様の 頼もしい寄り添い方を参考にさせてもらおうと思っています。
うちも おばあちゃん、すごくナイスな人なんですよ♪♪ちょっと天然ですけど。
これからも 楽しみにしています。

Aさん。はじめまして。こんばんは
息子さん。おうちではいろいろ言ってくるのね。
いいですねぇ。お母さんには安心して何でも言えるのね。
うちの下の子もなんでもお友達に譲るタイプでした。
ちょっと、お姉ちゃんとは、気持ち的に違うんです。
まあ、いいやの感性なんです。友達と一緒でなくても
いいや、特に混ざれなくてもひとりでいいやのタイプなんです。
性格もあるし、あと生まれ月も関係してます。
幼稚園ぐらいって、やっぱり半年以上月が違うと成長過程が
すごくありますのでまったく心配ないこともあるんですよね。
子供っておもしろいことに、よくないことがあったときその場で
注意してもあまりわかっていないことが多いですよね。
もちろん、ダメなんだと言うことをその場でいいますけどね。
それより、まあ、機嫌のいいときとかに何か物語りを聞かせるように
普段から教訓になるようなお話しをたくさんしてあげるとすごく頭に入っているらしく、何か起きたときに、そういえばこの間お母さんがこんなことを言ってたなぁって思い出して自分で考えるようになるようです。昔はおばあちゃんがそんな役目だったのでしょう。今の時代はそういうふれあいが忘れられてしまったのかもしれません。
Aさんのご家族にはナイスなおばあちゃんがいらっしゃるようですから、いいじゃないですか~。天然ステキですよ~。
会ってみたいですねぇ~。
ナイスなおばあちゃんの天然ぶり、
機会があったら教えて下さいねぇ
コメントありがとうございま~す。

こんばんは!
いつもありがとうですm(__)m

子供なので嫌なものは嫌だと言えるのはとても大切なことですよね!
お着替えの事、考えついて良かったですね!!
人の気持ちを思いやれるデクノちゃんも素敵です(*^_^*)
まだまだ続きがありそうですね!!

デクノちゃんて本当に強いのですね。だから嫌な事された友達にも意見も言えたし、優しく出来るのですね…大人はいつからこんな心を忘れてしまうのですかね?駄目な事を駄目と言えない、こんな時優しく出来ればと思う時出来ない、面倒な事は適当に!人の顔色をお伺いして、こんな感じの大人がたくさんいます。私も含めですが、幼かった、心のきれいな時に戻りたいです!デクノちゃんには頭が下がります。

ノンキチさん。こっちにもコメントしてくれたのね。
デクノちゃんね。ブログだといいときのときのことばかり
ピックアップしてるから、イメージアップしてしまっているようで
しまった~。ってちょっと、後悔しそうなかんじなんですが。
わたしには、すごい暴言吐いてるますから~。
今もなお、大喧嘩になってますよ。
「家で発散してま~す!」とか言うのよ!!
結構、腹立たしいのよ!
ちょっと、これでイメージダウンしたかしら~~~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 保育所ジャイアンくんから学ぶこと:

« かわいそう育て | トップページ | 今日の教訓 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック