フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

« いつかは通じるときが来る | トップページ | 育てるのが困難すぎる子供2/孤独と依存 »

2012年2月29日 (水)

育てるのが困難すぎる子供

ウチ孫のデクノはいろいろな事情もあり育てるのが非常に困難でした。

ただ、外的要因もありますがすべてそうだとは言い切れないとも思いました。

子供には生まれながらの性格もあります。とにかく要求することが普通ではないんですね。ほとんど毎日3時間以上も泣き続ける乳児であったのですから。

ママとの別離も重なって、もう手のつけようがない5歳児になってからわたしはこの子を育てました。

ぐずったら黙らない。寝つきが悪い。人見知りが激しい。初めてのことに対して異常な恐怖心を持つ。

夜中やっと寝たと思うと寄生をあげて起きる。外出先のトイレに入れない。エスカレーターに乗れない。少しの時間もひとりで居れずいつもわたしに視線を示す。一日中何かしゃべっている。思い通りにならないと暴れる。いつも身体を揺らして、擬音を立てている。

妹のものはすべて奪い取る。妹の世話をすると喚く。叩く。

キリが無いぐらいです。離れることに強い不安もある子供ですからわたしが一日中監視されてる気分です。

気の長いお母さんもいるだろうけど、どんなことをしてあげてもこの子は欲求が満たされないらしいのです。そのうちわたしもストレスを抱えることになるのです。

この子が嫌いなのかもとも思いました。ただ、これは危険信号だとわたしのなかではわかっていたので、児童相談所に自ら足を運んだのです。

もう、自分の自制が効かなくなるんです。やることが次から次でこの子にだけかまっていることが困難になっている自分がいました。

そして一番自分が悩んだことは自分のこころの中です。どんどんデクノが嫌になり、ポンコのことがどんどん好きになっている自分のこころです。なんせ、ポンコは手の掛からない良い子に写るからです。

原因はそれぞれ違いがあると思いますが、なにしろ育てにくい子供と出会ってしまうと、自分が冷静でいられなくなります。思春期の娘であんな思いをしたはずなのに、この時もまたゲッソリになりました。

とにかく相談に行ったときは、子育てに関する本もたくさん読み、すべてをやり尽くしてからです。

まず、なるべく子供をしからずほめてあげる。(褒めるところが見つからないでしょ!)

だから、もうヤケクソです。普通に出来ること。靴を履いたらほめる。ご飯を食べたらほめる。究極、歩いていることをほめる。なんだかわからないけどなんともおちょくっているみたいですけどちょっと笑っているだけでほめるみたいなですよ。バカらしいですかね。

気分転換に自分の趣味をもとう。(何言ってんだか!こんな状態で趣味って何よ!)

こうなったら、この子供を普通に直すことを趣味にするか。わたしはカンセラーの先生なんだ。これは仕事だと思うぞ!ははは。もっとバカらしいですかね。

いつも笑顔でいよう。(こんな困難な状態で笑顔って何?どうやったら笑えるの?)

もう~~。腹立たしい。もういい!歯を見せよう。年取ってきたので口角が下がってきたから美容のためにとでも考えるか。ちょっと不自然だが笑っているようには見えるかもしれない。もっともバカらしいですね。

しかし、たやすくこの子は変わりません。いくら辛抱強く頑張っても空回りで終わることばかり。。。またや、一揆一優~~~。神様~~~。気持ちはふざけるしかないに至る。

とりあえず、こういうことは頭に入れといて、まずは自分の方法でやろうと思いました。これがいいことなのかどうかなんてわかりませんが、本のいっているよにしても自分までもがストレス人間になるのがわかるからです。

その中で、成功したことがあります。ひとつは、ひとりで寝かせることです。

はじめはデクノとポンコとわたしとで川の字になって寝かしつけていました。

しかし、デクノはそれではぐっすり眠ることが出来ないのです。欲求が強すぎるため起きていたいのです。しかし、これに付き合っていると自分までもがストレスを抱えます。

わたしは二段ベットを購入しデクノもポンコもひとりで寝られるようにしました。

とりあえず、ポンコもひとりで寝るのだからデクノも出来るでしょ。というように。

寝ることがどんなに大事なのかも説明し、夜9時になったらベットにひとりで入る練習を繰返しました。わたしは何処にもいかないからと強く強調し、どんなにわめいても泣いてもデクノをひとりで寝れるようにしました。ちょっと冷たいかもしれませんがこれは結果的にはいい方向に向いました。

もうひとつは決まったことを毎日続けさせる。

なんせ落ち着きがなく、集中力のかけらもなく絵本を読んであげても聞いてない。どんどんページをめくって次の本を出してくる。要求だけが多くて何もひとのことは聞いてないのです。

もう、こんなことやめようと思いました。時間を決めてここまで。はい終わり!にしました。

そのあと泣こうが、わめこうがです。時間を決めればいいのかと思いました。

そしてやらせたこと。ひらがなドリルがあったのでこれを毎日時間になったらさせてみようと思いました。

毎日同じ時間にです。とにかく1文字でもなんでもいいから毎日です。これも泣こうがわめこうがやらなくてはいけないこと。1分でもいいからきちんと座ってやること。

お手伝いもさせました。洗濯たたみ。これも毎日。たたまないでふてくされて泣こうがわめこうが一枚でもたたませる。

たったこれだけですが、毎日同じことをすること。させることはものすごく大変でした。

しかし、なだめすかしながら、ときには怒鳴り(だって頭にくるんだものね)、何ヶ月か経つとやるようにはなりました。

だが気がつくと、わたし自身がもう毎日が限界でストレスの固まりになっているのでした。

出来るようになることはあっても、ポンコを抱えてデクノを育てるのが苦痛でたまらなくなってしまったのです。

わたしも弱いですからね。もう何度も追い詰められました。娘の思春期よりはマシだよなとかいろいろ思いましたがやっぱり爆発は何回もしました。

児童相談所に向ったのは、自分のしていることが良いのか悪いのかを誰かに判断してもらいたかったからでもあります。

とにかく、包み隠さず話してみました。

すると、まずはお子さんを詳しく調べてみましょうとのことでした。要因を搾るということでしょう。病気なのか、性格なのか、外因なのかです。

それはやはり専門家でないとわからんですからね。

結局は特に問題はなく、外因、性格だろうとのこと。こころの病もありますし。

それなら、わたしの育て方はどうですかということです。これはちょっと手厳しすぎると言われるかと思ったのですが。答えは、大丈夫でした。それより、その毎日しているドリルのことですが、もっとこの子に本格的に勉強させてみなさいと言われたのです。

もしかしたら、この子はこのことで自信を持つ可能性があるというのです。自信がこの子を変えると。。。

・・・つづく。

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« いつかは通じるときが来る | トップページ | 育てるのが困難すぎる子供2/孤独と依存 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どらこさん、こんにちは
とっても勉強になります
そして、私も同じように思ったこと、悩んだこと、何度もあります。
「子供嫌いなんじゃないか」とか何度も何度も・・・。
反抗期なのか、長女とは毎日のように衝突してるし、腹も立つ
「もっと構ってやりたい」「もっと話をきいてあげよう」とおもっても、自分の感情が抑えられず、カァ~!!っとなってしまいます。
まだまだ未熟者ですが、どらこさんの子育てを学ばせていただきたいと思います
どらこさんのブログのお陰で、いつも元気や勇気をもらっています♪
ありがとうございます

きゅうりさん。こんばんは~。
あるよねぇ。
余裕が無くなってくるともうカッカッしちゃって。
この年になってもそうなんだよ~。
わたしも、今度は冷静にとか思っているのに
全然耐えられない。。。
子供大変だもん!
もう、娘の時みたいに体力ないから今度は頭使わんと
いけんなぁ。
とりあえず、わたしもまだまだ修行中ですので、きゅうりさん
一緒に頑張りましょうねぇ。
いつもありがとう~

私が子供を産む事に周囲の反対もありましたが、意固地になり、年齢的に最後だと思い一人で育てる決断をしたのですが、頼るすべも無く本屋さんで育児書から、赤ちゃん関係の本は買いあさりました。三年分の育児日記まで買い(笑)実際には何ひとつ本の通りにはならず、日記も書く時間が、あるなら少しでも寝たい。本に出てくるお母さんみたいに分刻みで家事から子供の世話を真似してみたものの、自分の限界を感じ、本を見るのを、しばらくやめました。 私の場合は、もう一度、娘と日々学んで行きます。

どらこさん おはようございます
育児って、通り過ぎれば笑ってられるんですけどね。
長男はカンが強く、自分の世界があるので、
やりにくい子ですよ。芸術肌というか。
なかなか難しい子です。
私には理解できないなあと何度も感じましたよ。
私は母親になれるような器じゃないのでは?と
かなしくなったことも何度もあります。

そういうのもあって、次男の方がまだ小さくて 素直で
かわいいんでしょうね。
祖母やパパなんかも次男びいきで。

主人はとくに義妹と比べられて、
いつも「おまえはダメ」と育てられてきたものですから、
(今でもいつも比べてますけど)

なおさら、同じようになってしまうのかなあ。
小さいときの長男も同じように可愛がっていたので、
ひょっとしたら、小さいからかわいいのかもしれませんけど。
長男にはしっかりしろ!と思うらしいです。
パパは同性だから、そうなってくるのかな。

そういうのって、こどもは敏感じゃないですか。
だから、長男はいつも落ち着かない気がします。
低学年のころは特にそうでした。
そういうことを何度話しても、自分がそう育ってきたので、
思いつきもしないのか なかなかなおらないですね。

だから、私はどうしても長男の方の話聞いたり、
長男にかまってしまって、
次男のことは後回しになってしまうような感じで過ごしてて、
それはそれで罪悪感ですし。どっちも甘えん坊ですから。
次男はなるべくスキンシップでかえすようにこころがけています。

どらこさんは、毎日決まった時間に何かをさせるとか
ちゃんと決めてて、実行できて、エライですね。
なかなか続きませんよ。尊敬します。
それで、お孫さんがちゃんと結果をだしてくれたんだから、
がんばった甲斐がありましたね。

ドラちゃん、よく戦いましたね。
本当によく頑張ったわね。
逃げ出さずに真剣にデクノちゃんに挑んでいったのね。
愛情のなにものでもないよね。
よく勉強したのね。
苦労も一杯して。
健気だ。
デクノちゃんも本当に頑張ったわね。

むくむくさん。こんばんは。
いつもありがとう。
最近、頭と行動がついていかないんですよねぇ。
むくむくさんは忙しいのに手際がいいからいつも
すごいなぁ~って思っております。
お子さん達、すごく幸せそうですよ。
すてきなお母さんで、たくさん自然とも触れ合ったりしていて
すばらしいですよ。でも、ある意味兄弟っていいですよね。
なんだかんだあっても助け合ってますからね。
って、子供は助け合えるからいいのだけれど、まだまだ手は掛かるから
わたしなんぞ、その手間で今や自分の器からこぼれております。
まだまだこれからなんで自分に負けないように頑張ります~

せんぱーい。こんばんは~。
まだ戦争中ですよ~。
今日はなんだか運が悪くてねぇ。
青信号ポンコを渡らせようとしたら
車がすごい勢いで突進してきてもう少しの差で。。
わ~!って叫んじゃったわよ。
その後、明日朝練だから急いで迎えにいって
早くご飯食べさせて寝かせなかきゃ~。って
おかずを盛ってご飯をと思ったら炊飯器のスイッチ入れ忘れ
レトルトのご飯があったよなぁって探したらない。うそ。。こないだそういえば。。
急いで弁当やにご飯だけ買いに行こうと自転車で飛ばして行ったら
そこのお弁当屋が無くなっている。え~~。そんなバカな!!
仕方が無いからコンビニに回って帰ってきて食べさせようとしたら
明日ゴミの日だと思って置いたゴミ袋がひっくり返って、そんなときに限って鉛筆削りのかすを捨てていた~。もう最悪だと思い食器を片付けていたら手がスベリそのまま床に落ちていった。。。みごとな割れぶりにしかもものすご~い粉々に散らばっていった。

そんな中、学校行事のメールが4件入る。上の子?下の子?もう誰が誰だか解らんなってる。そういえば3月だ。。もう、整理がつかない。
もうやる気がうせてコメント書いてる。ははは。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育てるのが困難すぎる子供:

« いつかは通じるときが来る | トップページ | 育てるのが困難すぎる子供2/孤独と依存 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック