フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

« 育てるのが困難すぎる子供 | トップページ

2012年3月 7日 (水)

育てるのが困難すぎる子供2/孤独と依存

本格的に勉強をさせるかぁ。

そんなわけで、目標もできました。何でもいいと思う事は試してみることが大事ですので計画的にぴったりそばについて勉強計画!をはじめたわけです。

「いいかい。これからどらこちゃんとデクノは一緒に勉強しようね。一緒にだよ。ずっとそばにいて一緒に頑張ろう!一緒にだよ。」

と言うと一緒に頑張る!ってうれしそうでしたね。

わたしもなんだか希望が湧いてきて楽しかったですよ。なんせ反抗がすごかったものですから、何か目標がないとデクノをしかってばかりで、それもデクノが傷付くようなことも結構言ってしまっていただろうからね。つぐなうつもりもありました。少しぴったりくっついてあげようと思ったのよ。

子育てって子供と共に大人も育っていくものでしょ。子供にちょっと言い過ぎたと思うと反省し、そして少しずつ気をつけるようになる。それでいいと思うのよ。ただね、それにも気づかないひともいるのね。押さえつけだけのひとも。それがすごく問題。なんだか少しやり過ぎたかなとかそのとき思えていれば大丈夫ってことよ。何も思わないようなら、ちょっと精神的におかしくなってきているのか。気をつけないといけないのだけど。

子供は、親に安心しようと反抗します。必死なんですね。まあ、わたしはお婆ちゃんですから少しは遠慮ってものがあるはずなのですが、もうすごい攻撃でしたからね。

子供って安心できる人にしか反抗しないのですよ。つまり、わたしは合格ということです。

デクノはわたしを受け入れているということなのですね。だから、確認してくる。ずっとわたしを目で追ってくる。それなら、わたしもそれを受け入れてあげないと、と思うように努力が必要ですね。

だから、思いきり反抗を受け止めることにしました。

しかし、わたしひとりでしょ。夫がいるわけでもない。これが結構しんどいのですね。

子供が依存して反抗してるとき、わたしがすべてをひとりで受け止めて倒れないようにしないといけないわけですからね。

人間って支えてもらえるものがないと、いくら強がっていても孤立の中では倒れてしまうのよね。人という字の意味がここですごくわかるわよね。

たとえ夫がいても仲が良くなければ寄りかかれないわけだから、居ないのと一緒だわね。

だから、お互い寄りかかれるように仲を良くしていないと反抗期のときなんかは負担がひとりに圧し掛かってしまい余計家庭が崩壊ってこともあるわよね。

だからわたしはね。この時から保育園の先生にも、お母さんにも家の事情を話したの。

今まで隠してたのよ。ママが居なくなりましたなんて恥ずかしくて言えなかったからね。だけど、わたしひとりでしょ。どうしたってひとりはしかたない事実だからね。頼れるひとがいないと倒れちゃうでしょ。もう恥ずかしいなんて言ってる場合じゃないのよね。だから、わたしの周りの人に協力してもらえるひとを増やしたのよ。

そしたらね。反応はね。思っていたよりいいひとばかりでね。すごく助けてくれるようになったのね。

ただ、はけ口になればいいのよ。協力っていうけど、そんなに大層なことではなく、ちょっと事情を知っていて話せるひとがいればいいわけ。ただそれだけでどんなにか自分が楽になるかわかるのよ。

あ~。わたしひとりじゃないって思ったわよ。そしたらね。少し気持ちに余裕が出来たのかね。負担が少し軽く感じるようになったのよ。

かかって来い!デクノ~。って。。

こういう時期はいくら注意してもダメよね。受け止めてあげないとね。子供って育てているひとの気持ちと同じになるのよ。

いやだなぁ。この子といると疲れる~って思うと、相手もイヤな感情が芽生えてね、不安を与えるのよね。ポンコにはそういう気持ちがないから、安定してるのよね。

だからちょっと反省。それにママが居なくなって苦しいのだから、わたしと同じなのよ。苦しいから苦しいのよ。たくさん依存させてあげるような器がないとダメよね。だからわたしは孤独になったらダメなのよ。

少しでも誰かと話しをして負担を少なくして子供を受け入れてあげれるように自分を変えないとね。

子供のうちよ。依存させるだけさせられるのは。満足の依存が無かった子は大人になってから依存するようになるからね。これが本当に大変。まったく自立できない大人がここに誕生してしまう。

だから、子供を依存させて安心させてあげる。。依存を受け止めるほうは孤独はダメよ。倒れることになるからね。

。。。つづく。

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

« 育てるのが困難すぎる子供 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本当にどらこさんって達観しているよね。
すごいと思う。
どらこさんも一緒に成長していったの?
でも、もともとどらこさんはしっかりとした考えを持っていて、それを実行していったのね。
それに比べたら私は押さえつけながらとらに勉強させようとしている。
「勉強するしかないんだから勉強しろ」ってね。
これからの一年でだいたい決まってしまうようで焦るのです(°°;)"((;°°)
せんせい~どうしたらいい?教えて~

(=゜ω゜)ノぃょぅせんぱい~。
どうもしなくていいでしょう~~。
すごくない!
わたしが一緒に成長していくわけないでしょうが!
とらちゃんそういえば受験生なんだよねぇ。
いいね!勉強するしかないんだから勉強しろ!って。
そうそう、するしかないんだよ。受験するんだからねぇ。
え~!絶対焦ってないでしょう~~。
あやしい発言!どうするかなんてせんぱいに教えてほしいづら!

どらこさん、こんちゃーっす!

長期お休みから本日帰還致しました!

さっそくどらこさんのブログ見て

感心しました

素晴らしいと思います!

今後もファイトでっす

どらこさん、こんにちは
「反抗」=「安心」。 なんだかキモチが楽になれました
今うちの娘、『超反抗期』だけど『超安心できる存在』ってコトですもんね(笑)
う~ん、やっぱどらこさんスゴイです!!
言われてみれば納得!と思うことがおおいし、どらこさんの子育て法を拝見してると、私のいけない所、こういう時はこうすればいいのか~ってダメ親にならない様、子どもと共に成長していきたいとおもいます

タピアさん~。おひさ~ヽ(´▽`)/
元気になったの。よかったわ~
わたしのほうが感心よ。いつもやさしい。
奥さん幸せだわね^^

きゅうりさんちは超反抗期なのね!やったね!
反抗はない方が本当は心配なのよ。
大抵、大問題に発展するのは小さいときすごく親のいう事をよく聞く子。これは親にとってすごく都合のいい子なのよ。
子供はいろいろな環境で都合のいい子を演じて育つ場合があるのよ。うちの娘もそうだったのよ。わたしにとってすごく都合がよかった。もっと早くにわたしに向ってくれていれば。。
だけど娘は幼児からずっと遠慮していた。それはね。娘からしたらわたしが可哀想に見えたのよ。それだけ子供に気を使わせていたということね。
他には親の押し付けで何かムリにやらされている感があるのに我慢して頑張ってる子とかね。他にもいろいろあるけど、子供が自分をさらけだせないで育つということよ。
そんなの家庭じゃないわよね。親だって自分の子供だから何でも言えるわけだしね。
子供だって同じよね。それを言えないような環境にしてしまうことってあるのよね。
少しも反抗期がないってこういうことよ。
だから、わたしなんて、どんでん返しがあったでしょ。痛~いしっぺ返し受けちゃいました。そう考えると、後で相当大変な思いをするよりは、今の反抗はうれしい反抗だわねぇ。超がつくのだからもっと安心だわね。
親もちょっと長く生きてるんだから子供に乗せられちゃダメよ。上手をいかないとね!わたしもがんばるわ!

どらこさん こんばんは
気持ちを軽くすることは大事なことですね。
うちの場合は、うちの実家がいろいろあるものですから。
どちらかというと、私が聞き役。はきだすのはなかなか難しいです。
なるべく気分転換をするように心がけています。

保育園の先生に、一緒にかかわってもらえたら
心強いですね。
事情を知らないとなかなかサポートできませんから、
話してもらえたほうがいいでしょうね。

子どもはうまくいえないけれど、
やっぱりいろいろと感じ取っているものなんですね。
お孫さんもどらこさんに一生懸命にしてもらって
うれしかったんでしょう。
お勉強がんばってますもんね。
自信のもてること。打ち込めること。
何かひとつでも見つけられたら、
その子は幸せですね。


むくむくさん。おはようございます。
聞き役ご苦労様です~。
むくむくさん頼りになりそうですものね。
わたしは結構人見知りなんですよ。
これが非常に苦痛。子供のうちに社交性は身につけておくと大人になってから楽ですね。
やはり、ひととのかかわりはとても重要だと思います。
むくむくさんのように明るいお母さん目指さないとね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 育てるのが困難すぎる子供2/孤独と依存:

« 育てるのが困難すぎる子供 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック