フォト

ランキング参加中ポチッ↓(@゚ー゚@)ヨロチクネ♪

おきてがみ

  • おきてがみ blogram投票ボタン
無料ブログはココログ

リンク

  • 可愛いフリー素材CANDIED

名言

2012年2月21日 (火)

今日の教訓

罪を憎んで人を憎まず・・・孔叢子(くぞうし)

人が罪を犯す理由には、そのような悪い結果になってしまうまでに、それなりの事情があり、人そのものを憎むべきではなく、その罪に至るまでの心の中で生まれていった悪い思いを作り出した経路と罪を憎むべきである。

最近、小学生が自殺をほのめかす行動をすることがある。

いじめがエスカレートしている。それは犯罪であり恥であることに気付いていない。

命の尊さを教えられていない。

そして、考えさせられる事件があった。

光市母子殺害の判決は死刑。

当初、残された夫の本村さんは、

「被告を早く社会に出してほしい。私がこの手で殺す」と述べていた。

ところがこの13年間の葛藤と苦しみのなかで本村さんは、ある死刑囚と出会い。

「私も家族を奪われた者です」。本村さんの言葉に死刑囚は涙を流し、「死刑判決を受けて初めて、自分がやったことの重大さを思い知った」と話した。4カ月後、死刑が執行された。

本村さんはこう断言した。「人の命について重く考えているということを示すことが死刑だと思う」

そして、「裁判に勝者は無い」の言葉を残した。なんとも深い言葉だ。

ここまでに到達するまで、どんな苦しみ、自分との闘いがあったのだろうか。想像を絶する。

どんなにもがき苦しんでも失った命は帰ってこないのだ。

被告は父親の暴力と母親の自殺を目の当たりにして育った。

そして、罪を犯した。

命の尊さ、ひとの痛みを教えられなかったことが罪である。

教えられない親の元に生まれた子どもは最大の不幸である。

あるコメンテーターが、18歳以下でも、とんでもないことをしたらこうなるんだという見せしめが大事だと話していた。なんとも深みのない意見だ。

そういうことだろうか。命の尊さをも知らないで育った子どもが気付くだろうか。結果、死刑に自分がならなければ気付かないのである。見せしめで罪を犯かす子どもが減るとは思えないし、実際自分が死刑判決になってからでは遅いのである。

子どもを育てている大人たちは、その罪に至るような心の中で生まれていく悪い思いを作り出さない親になることが肝心だ。子供はみせしめでなんて変わらない。

残された遺族は、こらからもなお、生きてゆかなければならない。

世の中には地獄のような苦しみを抱えながらも前向きに生きて行くという強いひとがいる。

命は尊い。

まずは子供達が命を大切にできるように、そう思えるように育てられる大人でありたいものだ。

罪を犯すに至らせた、その背後にいる親達が増えないことを祈りたい。

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年1月28日 (土)

今日の教訓

努力をする人は希望を語り、怠ける人は不満を語る・・・井上靖

つまづいたおかげで

「にんげんだもの」・・・相田みつを

つまづいたり ころんだり したおかげで

物事を深く考えるようになりました

あやまちや失敗をくり返したおかげで

少しずつだが

人のやることを暖かい眼で

見られるようになりました

生まれたときから何も心配することがない人生ならこれに越したこちゃないでしょ。

だけどさ、そうはいかない人生のひともたくさんいるさ。

自分が生まれてきたことに不満をもったらそこまでさ。

それでも、生きていかなぁならんからね。

自分が与えられたなかにも、なんら希望をもてば

楽しく生きれるってものよ。

不平不満に、なんら面白いことはあんのかなぁ。

ただ、自分をいじめているだけさ。

他人をねたんでどうするの。

自分に何かいいことがおきるのかな。

こころ悪かぁ人間になるだけ。

辛い思いを経験したら、辛いひとの思いがわかる人間になったということ。

暖かい眼でみられるようになれるってことだよ。

それが幸せなんだよ。

そしたら、希望もでてくるさ。

↓ランキング参加してます。ああクリックいつもありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2012年1月 2日 (月)

新年の教訓

とらわれないこころ

かたよらないこころ

こだわらないこころ

ひろく ひろく もっとひろく

これが般若心経 空のこころなり・・・薬師寺元館長 高田光胤氏

お正月ということで選んだこの言葉。すばらしい。

わたしの母は毎朝仏壇に向って般若心経を唱えていました。

人間は悪い事ばかり続いたり、窮地に立たされたり、失敗したりして明るくなれない毎日を送っているとこころがしだいに壊れていくでしょう。

母も相当苦労していたので、こころが乱れないように唱えていたのだろう。その唱えている声のトーンで、子供ながら嫌なことがあったのだろうなと思うときは度々あったわね。

わたしは若い頃、幸せそうな家族を見るとうらやんだり、そんな幸せなひとに自分の気持ちなんてわかるわけないって思ったりして避けたりしがちだったのよ。

それはこころが鬱屈しているということ。

結局、どんどん自分にストレスを溜めて、まあ自分だけならいいのですが、結構周りまでを巻き込んでいたと思うわ。

そんな私の娘は、小学生まではいい子だったのよ。わたしにすごくやさしかった。祖父母達も育てやすい子ねぇ。て言ってたからね。

それは。。。いい子じゃなくてただ、わたしに気を使っていたのよ。ホントだめ母よね。そんなことにも気付かないなんて。

今の孫ふたり姉妹は、まったくもって子供の頃の娘とは逆よ。どんだけ~ってぐらい気遣い無し。相当怒っても、なにが~?みたいな態度よ。ギャーギャーうるさいし。子供らしいのはこの子達ね。これが本来の子供よ。つまり大人びてないの。

昔は自分は不幸だ。不幸だ。って。もう不幸の固まりみたいな顔だったのかもね。

自分がそんな状態だと、いくら一生懸命やっても結局何もうまくいかないものよ。

全然つまらない人生を送ってしまうわけね。それに同じように鬱屈したひとを呼び寄せるっていうわけ。同じ仲間同士楽しいかもしれないけど、ちょっと間違えると、マイナス要因に引っ張られてしまうからたちが悪い。

これはダメダメ。もっと早く気付きたかったけど、まあそのときはわかるわけも無く。今の娘と同じってこと。だから、娘もそのうち分かるときがくるわ。きっと娘のほうが早くわかってきている感じがするわ。もう少しね。きっと。

娘の人生も結局はわたしが発端なわけさ。

でも気付いただけましね。今は鬱屈したひとがわたしの周りに集まらなくなったわ。

だから、嫌なこともまだまだいっぱいあるけど、若い頃よりは全然幸せ。こういうことなんだなって。思うわ。

とらわれない、かたよらない、こだわらない、

楽に生きれる方法だわね。

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年11月26日 (土)

今日の教訓

今日の教訓は美輪明宏さんの4連発

a

いつまでも子供でいたい・・・。
無邪気な男は楽しくて魅力的。
でもいずれ困る時が来る。
腹をくくってきっぱりと自分の幼児性を捨てなければ
いけない時が来る。

a

働く能力があるのに働かない人には施しをしてはいけない。
相手が将来自立するように今は助けない事が慈悲。

a

わが身をつねって人の痛さを知ろうとしない人、
想像力のない人が犯罪を犯す。
子供たちに子守唄を聞かせ、詞や俳句を読ませる。
想像力を養うことが犯罪を未然に防ぐ。

a

親が死んでも子供が一人で生きていけるよう、
厳しく接するのも愛情。
可愛い子には旅をさせよ。

a

今現在、茨の道の階段を昇っている娘ですが、わたくしから、娘の旦那さんと、ご両親へのメッセージを送ります。

いくつになっても子供は子供。かわいいのは分かります。だから困らないようにしてあげたいのでしょう。しかし、それが本当の愛情なのでしょうか?私たち親は、順番からしたら先に死を迎えるでしょう。そのときのことを考えたことがありますか?

死んだ後の事まで考えてあげるのが本当の親の愛情ではないでしょうか。

そして、旦那様。親はいつまでもあなたの傍にはいられませんよ。親のお金で遊んでいて本当に幸せですか?今、自分が気付かない限りあなたには、真の幸せを感じることはないでしょう。

a

育てるとは、物を与えるだけでは育たないという結果でしょうか。

<>

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年11月15日 (火)

今日の教訓

三流は人の話を聞かない。

二流は人の話を聞く。

一流は人の話を聞いて実行する。

超一流は人の話を聞いて工夫する。・・・羽生善治

a

ひとの話を聞けないひとって思い込みが激しいとか、そもそもひとの意見に初めから否定的で興味がないのよね。

あとは、まったく理解がとぼしいとかね。子どもはとくに理解が出来なくて話にならないことはあるけどね。

大人でもそういうひといますね。話しがぶっ飛んじゃって全然言ってることが伝わらないとか、話の途中で勝ってな解釈をして怒り出すとか、何でそうなるのみたいなね。

ほんと、最後まで聞いてほしいよ。こっちが話し上手でないのも問題なのかもしれないけどね。

自分でも昔、旦那の趣味の話とか全然興味がなかったから、聞いてあげてなかったなぁ~。ははは。アイヅチだけしてたような。きっと相手は傷付いてるよね。

そのわりには、自分では今日あったこと一方的にべらべら話してたような。ほほほ。

恐ろしいのは、このタイプが集まったときだよね。こりゃ、考えただけでも面倒くさい感じだね。怖いよ~。

とにかくひとの話を聞くということはいかなる場合にも大切なことなのですねぇ。

聞く耳をほんと持とうよねぇ。これが、はじめの一歩なのさ。

ところで、馬鹿の大足ってよく聞きますよねぇ。

これを調べると、大きな足は、ばかのしるしであるということ。大きな足をけなしていう言葉。と書いてあるのですが、

ここから、出来たのが、

馬鹿の大足、間抜けの小足、丁度いいのは僕の足

これは、

自分本意で、何をするうえでも、人の批判ばっかして、人の話をきかないような人の事を意味しているらしいのです。

うん。そうか納得なのですが、

ここからがすごいエスカレート編。笑っちゃいけねぇ~よ!

馬鹿の大足、間抜けの小足、中途半端のろくでなし

馬鹿の大足、間抜けの小足、丁度良いのはアンポンタン

馬鹿の大足、たわけの小足、丁度いいのはくそたわけ

ちょっと、どんだけ~!意味わかんねぇ~。ブホッ

<>

<>

<>

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年11月12日 (土)

今日の教訓

「ゆずり葉」・・・・ 河井酔茗 作

子供たちよ。
これはゆずり葉の木です。
このゆずり葉は
新しい葉が出来ると
入り代わって古い葉が落ちてしまうのです。

こんなに厚い葉
こんなに大きい葉でも
新しい葉が出来ると無造作に落ちる
新しい葉にいのちをゆずってー

子供たちよ
お前たちは何をほしがらないでも
すべてのものがお前たちにゆずられるのです
太陽のめぐるかぎり
ゆずられるものは絶えません。

かがやける大都会も
そっくりお前たちがゆずり受けるのです。
読みきれないほどの書物も
幸福なる子供たちよ
お前たちの手はまだ小さいけれどー。

世のお父さん,お母さんたちは
何一つ持ってゆかない。
みんなお前たちにゆずってゆくために
いのちあるもの,よいもの,美しいものを,
一生懸命に造っています。

今,お前たちは気が付かないけれど
ひとりでにいのちは延びる。
鳥のようにうたい,花のように笑っている間に
気が付いてきます。

そしたら子供たちよ。
もう一度ゆずり葉の木の下に立って
ゆずり葉を見るときが来るでしょう。

この年になるとねぇ。

この詩が心に沁みるね。

今までいろいろなことがあったなぁ。。。

もう一分張りするかぁ~。わたしもばあさんになったものだ。

<>

<>

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月28日 (金)

今日の教訓

結婚は判断力の欠如、

離婚は忍耐力の欠如、

再婚は記憶力の欠如。・・・アルマン・サラクルー  

結婚前には両眼を大きく開いて見よ。

結婚してからは片目を閉じよ。・・・トーマス・フラー

離婚の原因はいろいろで忍耐力の欠如といっても我慢も限度の場合、逃げるように離婚するしかないこともある。

だが、再婚はどうだろう。はたして、一度目の経験を生かして再婚しているのだろうか。

往々にして、縁ある男性は必ずと言っていいほど、同じタイプである。

自分ではまったく違うと思っているが、実は根底にあるものが似ていることが多い。

また、痛い目にあってからでないと気がつかないからたちが悪い。

ということは、自分が変わるしかないのである。自分を成長させてからでないと、同じ繰り返しになることは間違いない。なんせ、癖のある人が好みなのであるから、それは仕方がないわけである。

自分が上手を行けば幸せの可能性はあるということだ。

子供がいるなら尚更だ。よくよく考えて破天荒な男性とはお付き合いに留めるのも、ひとつの方法だ。年老いても別れることなくいれたなら、それは本物ってもんかもね。そらからだって遅くない。こんな人生も楽しいかもよ。

もっとも初めから好みが家庭的な男性ならそうそう離婚はないのでしょうがね。(*^-^)

<>

<>

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月21日 (金)

什の誓い

わたしが孫達の母となると誓ったその日。わたしはあるものを作りふたりの部屋に飾った。

それがこれ

0012 一、ひとをいたわります。

二、ありがとうごめんなさいをいいます。

三、もくてきをもってしんぼうします。

四、ひきょうなふるまいをしません。

五、かぞくをほこりとしうえをうやまいます。

六、ゆめにむかってがんばります。

やってはならぬ やらねばならぬ ならぬことはならぬものです。

これは会津の什の誓いをアレンジしたものだ。

これを毎日寝る前に一緒に声を出して一緒に唱えて、「おやすみなさい」と言って寝かせた。

バカみたいだがふたりは暗記して、普段でも鼻歌のように言っていた。

やらなければならないこと、やってはならないことを私たち大人の責任として、信念をもって子どもたちに伝えたい。ということで作られたらしい。この誓い。。。

伝わってほしいなぁ。

他にもわたしにとっての大切な言葉がありますよ。こちらからクリック・・・名言

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月18日 (火)

今日の教訓

「あんたが、おれを飼いならすと、おれたちは、もう、おたがいに、はなれちゃいられなくなるよ。あんたは、おれにとって、この世でたったひとりのひとになるし、おれは、あんたにとって、かけがえのないものになるんだよ……」

「さっきの秘密をいおうかね。なに、なんでもないことだよ。心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」

「かんじんなことは目に見えない」と、王子さまは、忘れないようにくりかえしました。

「あんたが、あんたのバラの花をとてもたいせつに思ってるのはね、そのバラの花のために、ひまつぶししたからだよ。」

「ぼくが、ぼくのバラの花を、とてもたいせつに思っているのは・・・・・」と、王子さまは、忘れないようにいいました。

「人間っていうものは、このたいせつなことを忘れてるんだよ。だけど、あんたは、このことを忘れちゃいけない。めんどうみたあいてには、いつまでも責任があるんだ。まもらなけりゃならないんだよ、バラの花との約束をね・・・・・」とキツネはいいました。

「ぼくは、あのバラの花との約束をまもらなけりゃいけない・・・・・」と、王子さまは、忘れないようにくりかえしました。

星の王子さまより。41p89tb7tpl_sl500_aa300_1_2

子供の頃わたしも読みました。だけど、何のことだかさっぱり分かりませんでした。

大人になってから読んでみたら。。。メッセージに思えます。ステキな本ですね。

<>

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2011年10月12日 (水)

今日の教訓

心が変われば、態度が変わる。

態度が変われば、行動が変わる。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。

運命が変われば、人生が変わる。

・・・・ヒンズー教の教えより

魔女猫さんのブログを拝見してアップしてみました。

わたしの目標はマサニこれ。必ずふたりのために変えるぞ~^^

まだまだ、くたばれないよ~。なんでも、かかってこいや~。

<>

<>

クリックありが㌧(^ω^)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック